BewhYが個人事務所の「Dejavu Group」を正式にレーベル化

Written By Sakiko Torii

2017年5月に個人事務所「Dejavu Group(デジャヴ・グループ)」を設立したBewhY。

同社を設立する以前から韓国内のラッパーの中でも特出した活躍を見せてきたBewhYですが、設立後は『The Blind Star』『The Movie Star』という2枚のフルアルバムをリリースするなど、さらに躍進。テレビ番組にも数多く出演し、今年の夏に放送された『SHOW ME THE MONEY 8』ではプロデューサーも務めました。

そんなBewhYが、Dejavu Groupの設立から2年半が過ぎた今月、同社を正式にレーベル化したことを発表しました。これまではBewhYだけの活動を管理する個人事務所でしたが、知名度は低くてもスポットライトを浴びるべき若手アーティストをもっと世の中に知らせていきたいと思ったようで、新たなステップに突入することを決意したようです。

こちらは11月20日にDejavu Groupの公式YouTubeチャンネルで公開された、同社のレーベル化をお知らせするBewhYのセルフインタビュー映像です(英語字幕あり)。

[Interview] Dejavu Group Artists “BewhY”

 

インディペンデント・アーティストは通常、大手事務所やレーベルに所属するアーティストに比べ、投資や機会の面で圧倒的に不利な立場にあります。しかし彼はそんな常識を打ち破り、アメリカのレジェンド級ラッパーであるTalib Kweliとのコラボを果たし、ワールドツアーを敢行し、政府から依頼を受けて公式ソングを発表するなど類まれな活躍を見せてきました。

これまでも全方面で順調に成功を収めてきたBewhYが、今後は新たなアーティストを自身のレーベルに迎えるということで、個人的にめちゃくちゃ期待しております。これは私の勝手な妄想ですが、IllionaireとかHi-Liteとかに並ぶ存在になるんじゃないかな~と。メジャー寄りのAOMGとかアンダー寄りのVMCとはちょっと違くて、IllionaireとかHi-Liteみたいな中間層のイメージ。でももっとワールドワイドに行きそうな感じもする。

ひとまず本日11月21日、Dejavu Groupに加入する最初のアーティストが誰なのか発表されるそうなので、楽しみに発表を待ちたいと思います!

 

※追記

プロデューサーのViann(ヴィアン)が加入したことが発表されました!

Viannと言えば今年の「Korean Hiphop Awards」にて、ODEEとの合作アルバム『OPEN MONDAY』が「今年の過小評価されたアルバム」を受賞したことが記憶に新しいです。

Viannは今月23日に2ndアルバム『The Baker』をリリースするとのことで、収録曲の中からBewhYが参加した『Golden Fleece』のプロモーションビデオが公開されました。

[Promo Video] Viann – Golden Fleece (Feat. BewhY)

 

writerSakiko Torii

BLOOMINT MUSICの運営者。韓国ヒップホップ・キュレーターとして執筆、ライヴ主催、音源/MV制作サポート、メディア出演など多方面に活躍中。イギリスに音楽留学していた本格派。著書に『ヒップホップコリア』。



Sponsored Link

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加

Sponsored Link