Single | CHANGMO, Hash Swan, ASH ISLAND, キム・ヒョウン, Leellamarz & The Quiett – 비워 (Beer) (Prod. Way Ched)

Written By Sakiko Torii

ここ最近、Ambition Musikがずいぶん活発です。まずは5月12日、こちらの記事でも触れているように、その当時のレーベル所属メンバー全員となるCHANGMO、Hash Swan、キム・ヒョウン、ASH ISLANDの4人で『Bition Boyz』をリリース。それから1か月もしない6月8日、同じ4人で『Band』をリリースしました。『Band』はBLOOMINT MUSICの最新プレイリストの1曲目を飾っています。

そして『Band』のリリースから3日後となる6月11日、プロデューサーのWay Chedがレーベル5人目のメンバーとして加入したことが発表されました。15日には1stアルバム『COMFY』をリリースし、レーベルメイトとなったCHANGMO、Hash Swan、キム・ヒョウンをさっそく客演に迎えています。

そしてWay Chedの加入から1週間後の6月17日、今度は6人目のメンバーとなるLeellamarzの加入が発表されました。21日にリリースしたアルバム『MARZ 2 AMBITION』には、もちろんレーベルメイト全員が参加しています。

このようにして6人体制となったAmbition Musik。Leellamarzのアルバム発表から1週間後の6月28日、今度は6人全員+The Quiettが参加したシングル『비워 (Beer) 』をリリース! 『Bition Boyz』から1か月半ほどの間に、これだけ多くのリリースやニュースが出たのはAmbition Musik始まって以来のことだと思います。

[DF FILM] CHANGMO, Hash Swan, ASH ISLAND, キム・ヒョウン, Leellamarz & The Quiett – 비워 (Beer) (Prod. Way Ched)

 

本シングルは、これまでもBLOOMINT MUSICでたびたびご紹介してきた「Dingo」の企画です。今年に入ってからIndigo Musicの『Dding』、Hi-Lite Recordsの『Hi-Lite Sign』と立て続けにヒット曲を出している「Dingo x 韓国ヒップホップレーベル」のコラボシリーズ。

このシリーズでは、トラックのリリースのほかにもライブ映像や密着映像のようなもの(MV撮影の密着とか、ドッキリとか、何かを体験する映像とか)をたくさん公開してくれます。今回のAmbition Musikもすでにいくつか公開されています。気になる方はDingo FreestyleのYouTubeチャンネルをチェック!

ちなみに韓国語の曲名である「비워(ビウォ)」とは「中身を空にする」という意味で、お酒のグラスを飲み干す時によく使われる言葉です。英語のタイトルが「Beer」となってるのは、「ビウォ」という音がBeer(ビァ)に似てるのと、ビールを飲み干そうという意味を掛けたのだと思います。『Hi-Lite Sign(ハイライト・サイン)』も韓国語のタイトルが「한라산(ハルラサン)」で、同じように似ている音を韓国語と英語のタイトルに使っています。

2019年もいよいよ後半戦に突入しましたが、この勢いが続くとなると、次回の「Korean Hiphop Awards」ではAmbition Musikが「今年のレーベル」を受賞しそうですね!

 


 

CHANGMO, Hash Swan, ASH ISLAND, キム・ヒョウン, Leellamarz & The Quiett – 비워 (Beer) のご視聴はこちらから

itunes

 

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加

Sponsored Link