you.will.knovvに所属のTabberが、デビュー作『Deep End Mix Tape』を発表! これまでTabberが参加した作品も一挙紹介

Written By Sakiko Torii

なんだか最近「you.will.knovv」に関連した記事が続いていますが、今日もしつこく更新していきたいと思います。you.will.knovvに所属する新鋭ミュージシャンのTabber(タバー)が、8月13日にデビュー作となるミックステープ『Deep End Mix Tape』をリリースしました。

本題に入る前に、まずは最近更新したyou.will.knovv関連の記事を3つ並べておきますね。まだ読んでない方、おさらいが必要な方などは、ぜひご参考にしてみてください。

DEANが設立したレーベル「you.will.knovv」の第一弾アーティストのMisoが、DEANも参加した『Alone』のライブ映像を公開!

 

DEAN、Rad Museum、Mokyo、Misoが参加! you.will.knovvがコンピレーション・シングル『숨 (Breath)』をリリース

 

DEAN、Kim Ximya、Tabberがパフォーマンス映像『3AM Freestyle』をサプライズ公開!

 

はい。というわけで以上の3つの記事をザックリとまとめると、DEANがそれまでクルーだったyou.will.knovvをレーベル化させて、その第一弾アーティストとしてMisoが5月にシングル『Alone』を出して、8月にMokyoがH1GHR MUSICからyou.will.knovvに電撃移籍して、レーベル初のコンピレーション・シングル『숨 (Breath)』が出て、DEANとTabberとKim Ximyaが『3AM Freestyle』の映像を公開したと。そしてそのTabberが今回デビュー作をリリースする運びとなったわけです。

ミックステープ『Deep End Mix Tape』には全6曲が収録されており、フィーチャリングにはDEAN、Kim Ximya、So!YoON!の3人が参加しています。あらかじめ公開されていた『3AM Freestyle』は、Tabberのミックステープへの関心を盛り上げる目的もあったのかもしれませんね。ちなみにSo!YoON!とは、バンド「SE SO NEON(セソニョン)」のヴォーカルであるファン・ソユンの別名義です。

今のところミュージックビデオは公開されていないようですが、ミックステープ全体のオーディオプレビューがレーベルのYouTubeアカウントにアップされています。これを聴くだけでもアルバム全体の雰囲気を感じることができます。DEANと比べると若干ハードなスタイルですが、you.will.knovvらしい幻想的な空気もあってかっこいいです。

[Official Audio Preview] Tabber – Deep End Mix Tape

 

ところでTabberがこれまでどんな音楽をやってきた人なのかよく知らないという方も多いかと思うので、Tabberがこれまで参加してきた作品を時系列にご紹介しようと思います。

まずは2019年1月にpunchnelloがリリースしたアルバム『ordinary.』に収録されている『Boiling Point』というトラック。TabberはSimon Dominicと共にフィーチャリングしています。Tabberの深みのあるヴォーカルが曲全体の雰囲気を重厚にしています。

[Official Audio] punchnello – Boiling Point (Feat. Simon Dominic & Tabber)

 

続いてはイギリスのミュージシャン、ROMderfulのトラックにDEANと一緒にフィーチャリングした『1 Missed Call』というトラック。こちらは2019年4月のリリースです。ROMderfulはちょうど先日、日本の実力派シンガーSIRUPの新曲『Online』にフィーチャリングしたことで話題になったばかり。

ROMderfulはLAを拠点とするクルー「Soulection」のメンバーなので、DEANとの関係はStarRoつながりなのかなと思います。「StarRoとDEANがどうしたって?」と思った人は、私が2017年にRed Bullに寄稿したStarRo & DEANのこちらのインタビュー記事をご覧ください。

[Official Audio] ROMderful – 1 Missed Call (Feat. DEAN & Tabber)

 

3つめは2019年5月にリリースされたDEANのシングル『Howlin’ 404』。この曲にはTabberはクレジットされていませんが、コーラスで参加しています。

[Official Audio] DEAN – Howlin’ 404

 

そして最後の1曲は、今年5月にプロデューサーのAPROがリリースしたシングル『ENTER』。この曲はBLOOMINT MUSICの2020年5月のプレイリストに入っていました。

APROは最近「Layered Island」を設立して話題になったColdeが運営するレーベル「WAVY」に所属しています。GIRIBOY率いるクルー「宇宙飛行」のメンバーでもあり、俳優のユ・アインが率いる創作集団「スタジオコンクリート」に所属する唯一の音楽プロデューサーでもあります。これまでDynamic Duo、LOCO、PENOMECO、DPR LIVE、Reddyなどとの共同作業で広く活躍してきています。

[Omnibus Film] APRO – ENTER (Feat. Tabber)

 

で、5曲目が先日公開された『3AM Freestyle』となります。こんな感じで、これまでに表に出てきた作品がまだ少ないTabberだからこそ、今回のミックステープはリリース前から注目の的でした。独特な深みのある声質が魅力的なTabberの渾身のデビュー作、とってもお勧めなのでぜひプレビューだけでなくアルバム全体をじっくりと聴いてみてください!

『Deep End Mix Tape』のトラックリストは以下の通りです。制作にはTabber自身のほか、2xxx!、No Identityなどお馴染みのメンバーが携わっています。特に6曲目の『Runner’s High (Demo)』は、Tabberがドラムとベースも演奏していて要注目です。

01. Look At My
02. Devil May Cry (Feat. Kim Ximya)
03. Like A Vampire (Feat. So!YoON!)
04. Honey! (Feat. DEAN)
05. 2049
06. Runner’s High (Demo)
 


 

Tabber – Deep End Mix Tape のご視聴はこちらから

itunes spotify

 

writerSakiko Torii

BLOOMINT MUSICの運営者。韓国ヒップホップ・キュレーターとして執筆、ライヴ主催、音源/MV制作サポート、メディア出演など多方面に活躍中。イギリスに音楽留学していた本格派。著書に『ヒップホップコリア』。



Sponsored Link

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加

Sponsored Link