EP | punchnello – ordinary.

Written By Sakiko Torii

先日2年ぶりのシングル『Absinthe』をリリースして話題になったpunchnelloが、同曲を含んだEP『ordinary.』を1月28日にリリースしました。

本作では社会的な地位、お金、名声などは別としてすべての人に存在するごく普通の内面を表現したということです。以前まで自分の感情をごまかして生きてきたというpunchnelloは、このEPで完全な自分の素顔を率直に描いてみたそうです。収録曲たちを通して、普通の社会の一員として感じる「喜怒哀楽」を解放したのだとか。

1曲目に収録されている『Blue Hawaii』は、ミュージックビデオも公開されています。CrushとPENOMECOがフィーチャリングしている超豪華なこの曲は、先行シングル『Absinthe』とは全く違ったタイプで、ラテン調の軽快なリズムが鳴り響いています。

[MV] punchnello ‐ Blue Hawaii (Feat. Crush, PENOMECO)

 

あまりにもこの2曲の雰囲気が違い過ぎるので、もしかしたら『Absinthe』が「喜怒哀楽」でいう「怒」で、この『Blue Hawaii』は「喜」または「楽」に当たるのかな?って思って調べてみたところ、どうやらそんな感じの解釈で間違ってなさそう。

干渉の多い世の中に対する怒りを込めた『Absinthe』と『Boiling Point(我慢の限界)』、新たな出会いと愛によって得られた新鮮な感覚を語る『Blue Hawaii』、平凡な愛のように別れが訪れ、恋しさはいつでも苦々しい『Homesickness』、新しい香りですべての痛みが洗い流されていく『Winter Blossom』まで……という解説があったので、普通の人間がみんな持っている「喜怒哀楽」が曲ごとに表現されているという理解で合ってそうですね。

今回のEPには全部で7曲が収録されていて、全曲のプロデュースを0channelが勤めています。先行リリースの『Absinthe』のみ、0channelと2xxx!の共同プロデュースです。先述のCrush、PENOMECOのほか、Simon DominicやSAAYなどといった豪華な客演を迎えた聴きごたえのある一枚となっております。

トラックリストは以下の通りです。

01. Blue Hawaii (Feat. Crush & PENOMECO)
02. Winter Blossom (Feat. SAAY)
03. Swerve
04. Boiling Point Boiling Point (Feat. Simon Dominic & Tabber)
05. Absinthe
06. Faded (Skit)
07. Homesickness (Feat. Sogumm) 

 


 

punchnello – ordinary. のご視聴はこちらから

itunes spotify

 

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加