H1GHR MUSICがコンピレーションアルバム『H1GHR:BLUE TAPE』をリリース!『H1GHR:RED TAPE』に続く第二弾!

Written By Sakiko Torii

9月2日にコンピレーションアルバム第一弾『H1GHR:RED TAPE』がリリースされた際にも予告していましたが、その予告通り、H1GHR MUSICにとって第二弾のコンピレーションアルバムとなる『H1GHR:BLUE TAPE』が本日9月16日にリリースされました。

H1GHR MUSICが初のコンピレーションアルバム『H1GHR : RED TAPE』をリリース。第二弾は今月16日にリリース予定!

 

『RED TAPE』と『BLUE TAPE』はアートワークのデザインが揃っているのですが、REDのほうは黒い背景に赤い文字で、全員が黒い服を着ていて、炎をイメージさせます。そのイメージ通り、デジタルベースのホットで強いビートの曲が集まっています。一方でBLUEのほうは青い背景に白い文字で、全員が白い服を着ていて涼しげな印象。その印象通り、アナログサウンドをベースにしたチルで爽やかな曲が集まっています。

『RED TAPE』が出た時は韓国のヒップホップコミュニティで「どれもこれも強い曲で疲れる」という感想がチラホラあがっていたのですが、両方リリースされて初めてその魅力が最大限に発揮された感じですね。両アルバムのコンセプトが明確なので、リスナーが気分に合わせて好きなほうを聴いたりミックスさせたりできるのがいいと思います。

 

REDもBLUEも14曲ずつ収録されていて、合計すると28曲! REDのほうはGolden(元G.Soul)が1曲にしか参加していませんでしたが、今回は5曲に参加しています。Ted Parkは前回同様1曲のみ。Jay Parkは12曲→7曲、Sik-Kは11曲→6曲、pH-1は10曲→8曲、Woodie Gochildは10曲→4曲、HAONは10曲→2曲、BIG Naughtyは前回同様4曲、TRADE Lは8曲→2曲。

そしてREDのほうの記事に「海外チームから28AVも参加しているという情報があるのに見当たらない」と書きましたが、BLUEのほうに参加していました。海外チームからはこのほかにPhe Redsも参加しています。ほかにもCha Cha Maloneとか、外部アーティストとしてNYで活動する韓国系アメリカ人のAUDREY NUNAとか、BLUEのほうが全体的に参加アーティストのバランスがいいなって感じ。

やっぱチルな感じのBLUEだからこそGoldenの出番が多くなるのは自然なことだし、そういう意味では今回大きく出番が減ったWoodie Gochild、HAON、TRADE Lはチルな感じよりもホットな曲が得意だということが見えてきますね。一方でJay Park、pH-1、BIG Naughtyはどちらにもハマりやすい。うん、確かにハマりやすい。

そして今回のプロデューサー陣ですが、レーベル内からCha Cha Malone、Woogie、GroovyRoom、SMMT、レーベル外からはBOYCOLD、Girlnexxtdoor (GXXD)、Bronzeが参加しています。さらに今年8月にH1GHR MUSICから「you.will.knovv」に電撃移籍したMokyoの名前も! 両アルバムとも大まかには同じようなラインナップですが、GroovyRoomとWoogieのカラーが強かったREDに比べ、BLUEではBronzeの活躍が目立っています。

ところで『RED TAPE』がリリースされたのが9月2日で、上の記事を書いたのが9月3日。それまでにミュージックビデオが3つ公開されていたので記事にも全て貼っていたのですが、それから2~3日おきに新しいミュージックビデオが2つ公開されたため、記事の中に「追記」として貼ってあります。

そして今回の『BLUE TAPE』もリリース前に1曲、さらにリリースと同時に1曲ミュージックビデオが公開されました。短期間に一体どれだけの撮影量をこなしたのかと思うと、H1GHR MUSICの皆さんの働きっぷり、そして何よりも体力に感服する。そして前回も書いたけど、入隊前に相当な数のレコーディングをしたであろうSik-Kにも感服。

これまでのパターンからすると、この後もまた新たにミュージックビデオが出る可能性がありますが、とりあえず現時点で出ている2つを貼っておきますね。また出たら、前回のように記事の下に追記するようにします。

Gotta Go (Official Video) – Sik-K, Golden, pH-1, Jay Park

 

Oscar (Official Video) – pH-1, Golden, BIG Naughty, Jay Park

 

それではいつものように、最後にトラックリストをご紹介して終わりたいと思います。まだまだ夏の暑さが残る9月の頭にピッタリだった、燃え盛る炎のような『RED TAPE』。そして秋の気配が訪れた9月下旬にピッタリの爽やかな『BLUE TAPE』。あなたはどちらが好み?(私はBLUE)

01. Champagne Diet – Jay Park, 28AV, Gemini & pH-1
02. Me&Bae – Sik-K, pH-1 & HAON
03. Selfish – Golden
04. Last Song – pH-1, Jay Park & AUDREY NUNA
05. ㄱ에서부터0에서부터 (Back From 0) – Sik-K, pH-1, Woodie Gochild & HAON
06. 잠깜만 (LIVE) – BIG Naughty
07. 수고했어 (Lean On Me) – Woodie Gochild, TRADE L & Sik-K
08. Oscar – pH-1, Golden, BIG Naughty, Jay Park
09. Afternoon – Jay Park, Golden & pH-1
10. End Of The Night – Jay Park, Ted Park, Woodie Gochild & BIG Naughty
11. Gotta Go – Sik-K, Golden, pH-1, Jay Park
12. RSVP (Remix) – Sik-K, TRADE L, Woodie Gochild & BIG Naughty
13. Swing My Way – Phe REDS & Cha Cha Malone
14. Toast – pH-1, Golden, Jay Park & Sik-K

Produced by Groovy Room (01), SMMT (02), Mokyo (03), Bronze (04, 09, 11, 14), BOYCOLD (05, 12), Woogie (06, 10), GXXD (07, 08), Cha Cha Malone (13)
 


 

H1GHR MUSIC – H1GHR:BLUE TAPE のご視聴はこちらから

itunes spotify

 

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加

Sponsored Link