Album | Reddy - Telescope


Hi-Lite Records所属のReddyが、4月12日にニューアルバム『Telescope』をリリースしました。前作『Universe』からちょうど1年ぶりの新作となります。

成功の話をメインに収めた前作に対し、今作では、多くの人々から注目される現在の生活を受け入れ、つらかった過去に再び戻らないよう努力していくという思いが込められています。一方でタイトル曲『Peach』や『Check-In』『변했어(変わった)』などの曲では、ラブソングにも挑戦しています。

自分だけが持つカラーを維持し続けるPaloaltoやHuckleberry Pに比べ、Reddyはデビュー当時からトレンドに合わせて音楽性やラップスタイルが変わってきているイメージですが、今回も今っぽい雰囲気で揃えてきてますね。それと同時に、Reddyが元々得意としているカジュアルな曲も健在ですし、ヒップホップ色の強い曲もあったりして、統一感がありながら楽曲ごとの個性もしっかりと味わえる一枚となっています。

アルバム収録曲の中から早速ミュージックビデオがいくつか出ているのですが、まずはこちらをご紹介。SURANをフィーチャーした『Peach』です。昔の男臭かったHi-Lite Recordsからは想像もつかない音と映像ですね(笑)

 

続いてはレーベルメイトのSway Dが参加した『Tracksuit』のミュージックビデオです。先ほどの『Peach』から一転して、ヒップホップ色の強いビートでReddyの違った魅力が引き出されています。Sway Dらしいシンプルでゆるいフロウも最高です。

 

お次は同じくレーベルメイトであり「Hi-Lite Recordsの顔」とも言えるPaloaltoとHuckleberry Pの2人をフィーチャーした『Thanksgiving』のミュージックビデオです。

どちらかというとR&Bっぽいというか、ネオソウルっぽいというか、そんな印象の強いアルバムなのですが、この曲もまたヒップホップ色の強い音になっています。やはりラップスキルで勝負する2人を迎えた曲なので、自分たちの魅力を最も活かせるビートをチョイスしたのでしょうね。

 

この他にもG2、Dynamic DuoのGaeko、Samuel Seo、Horim、Year of the Oxが本アルバムに参加しています。Samuel Seoのような「今」を象徴するアーティストから、「韓国ヒップホップの歴史」を象徴するGaekoまで、本当にバラエティ豊かなラインナップです。そして個人的にはYear of the Oxを元々応援していたので(EMINEMのマネージャーも彼らのファンなんだそうですよ!)、これを機にご注目いただけると嬉しいなって思っています。

本作『Telescope』は本当に完成度の高いアルバムで、個人的にはReddyのこれまでの作品の中で最高傑作だと思っています。音楽面での進化があまりにも著しいので、ちょっとプロデューサー陣が気になって調べたところ、UGP(トラック02〜06、09、10)とYosi(トラック01、02、07、08、11)の2人が手掛けているようです。Reddy自身も全曲のビートメイキングに関与しており、自らのカラーと今っぽいトレンドを見事に融合させた作品と言えます。

ちなみにUGPはG2と昔から一緒に活動してきたプロデューサーで、Hi-Lite RecordsにはPaloaltoの『Victories』から関わるようになりました。G2の『G2’s Life』、Sway Dの『G-Shock』、Hi-Liteの団体曲『Break Bread』などを手掛けてきています。Yosiは去年Hi-Liteに加入したプロデューサーで、クルー「Legit Goons」のメンバーでもあります。最近リリースされたJUSTHIS & Paloaltoの『4 the Youth』にも2曲参加しています。

トラックリストは以下の通りです。日本ではiTunesとSpotifyで聴けますので、一番下にリンクを貼っておきます。

01. Come Over
02. Turkey (Feat. Year of the Ox)
03. Flu
04. Thanksgiving (Feat. Huckleberry P & Paloalto)
05. Tracksuit (Feat. Sway D)
06. UGP Interlude (Feat. G2)
07. Check-In (Feat. Samuel Seo)
08. Peach (Feat. SURAN)
09. Life (Feat. Horim)
10. 변했어 (変わった)
11. Flamingo (Feat. Gaeko)

 


 

Reddy – Telescope のご視聴・ダウンロードはこちらから

itunes spotify

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者。イギリス音楽留学経験を生かした音楽的に深みのある記事がウリ。独自スタイルのライブ企画、楽曲リリースのコーディネート、ライター活動、各種メディア出演など、韓国ヒップホップにおいて多方面に活躍中。著書に『ヒップホップコリア』。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link