Album | Reddy - Universe


Reddyのニューアルバム『Universe』が4月20日にリリースされました。アルバム単位で作品がリリースされたのは、2014年の『Imaginary Foundation』以来ですかね。あれからReddyを取り巻く環境は大きく変わりました。古株のHi-Lite RecordsファンにとってはReddyはまだ新人のイメージがあると思いますが、今やすっかり中堅の貫録が出てきました。

前作からここまでの間に数多くのシングルをリリースしてきましたが、今回のアルバムにはそれらの曲は入ってないようです。先月に先行公開された『My Lite』(下記ミュージックビデオ)を含め、すべて新曲で構成されています。『My Lite』には、アメリカ・テキサス州出身のA.C.T.がフィーチャリングしています。G2のアルバム『G2’s Life』にも参加している方ですね。

 

フィーチャリング陣も豪華で、PaloaltoやG2といったレーベルメイトはもちろんのこと、G.SoulやCheetah、Chancellorなどのメジャーどころも参加。また、昨年の『Show Me The Money』で一緒に戦ったKillaGramzも参加しているのが注目ポイントです。

8曲中6曲に客演を迎えるのは多いように感じますが、単に人気者を寄せ集めたというものではなく、どの曲でも各ラッパーの持ち味が存分に生かされていて、「その人でなければその曲を完成させられなかった」と素直に感じさせる出来になっています。例えば『It’s Alright』のゆるくてハッピーなサウンドは、G2の持つ雰囲気やラップスタイルにぴったりです。『Do My Things』では、CheetahのセクシーなボーカルとPaloaltoの重みあるラップが、曲のメロウさを一層引き立てています。

G2のアルバムも手掛けたUGPがプロデュースした本作品は、Reddyの過去のアルバムに比較すると、音楽的にしっかり作りこまれた印象があります。どの曲も個性が立っていて、次から次へと新しいスタイルを見せてくれるので満足度が高いです。特に最後のトラック『집 (Amazing)』では、完全に新しいReddyの姿を見ることができてなかなか驚きですよ。淡々とラップするイメージの強いReddyですが、それを見事にくつがえすパワフルな歌声です。 

これまでもヒップホップシーンのファッショニスタとして活躍してきたReddyなだけに、ファッションブランドの「Supreme」をテーマにしたタイトル曲『Supreme』も注目です。この曲は近日中にミュージックビデオが公開される予定とのことです。

トラックリストは以下の通りです。日本ではiTunesまたはSpotifyを通して聴くことができますので、下のリンクをご確認ください。

01. The New Birth (Feat. G.Soul)
02. Supreme
03. Complicated (Feat. KillaGramz)
04. Moscato d’Asti (Feat. Chancellor)
05. It’s Alright (Feat. G2)
06. Do My Things (Feat. Cheetah, Paloalto)
07. My Lite (Feat. A.C.T.)
08. 집 (家) (Amazing)

 


 

Reddy – Universe のご購入はこちらから

itunes spotify

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者。イギリスでの音楽留学経験を生かした音楽的に深みのある記事が売り。独自スタイルのライブ企画、楽曲リリースのコーディネート、ライター活動、各種メディア出演など、韓国ヒップホップにおいて多方面に活躍中。著書に『ヒップホップコリア』。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link