EP | Paloalto – YEAREND: 송구영신 (送旧迎新)

Written By Sakiko Torii

Hi-Lite RecordsのCEOであるPaloaltoが、12月21日に2018年の最後を飾る4曲入りのEP『YEAREND: 송구영신(送旧迎新)』をリリースしました。「送旧迎新」とは韓国で年末によく使われる言葉で、漢字から分かるように「旧年を送って新年を迎える」という意味です。もっと気軽に「年越し」的なニュアンスで使われたりするっぽいですね。英語タイトル「YEAREND」もそのまま「年末」という意味で、EPのコンセプトもタイトルが表している通り「忙しかった2018年を振り返ったPaloaltoの話」ということです。

PaloaltoはEPのリリースに際し、インスタグラムのストーリーズに「基本的には年末調整のようなアルバムになった。20年近くヒップホップ・ミュージシャンとして活動しながら感じてきたことが様々なきっかけによって崩れ、新しい視点で見るようになった。それに対して、中堅ラッパーでありレーベルの代表でもある立場としての感情を打ち明けた」というコメントを残しました。

今年は『SHOW ME THE MONEY 777』へのプロデューサーとしての出演、単独公演「The SKMC Tour」、日本を含む各国でのライブ、JUSTHISと発表したコラボアルバム『4 the Youth』、ソロEP『Summer Grooves』のリリース、日本人プロデューサーTeddyLoidにフィーチャリングした『Two Dawgz and The Ape』など、実に多様な活動を繰り広げてきました。あ、私と一緒に日本のテレビ番組『ブレイク!』にも出演しましたね(笑)それだけ忙しく過ごした一年を年末に総括するという、とても素敵なコンセプトのアルバムです。ちなみにアルバムのジャケット写真は、Paloalto自身が日本のディズニーランドに行った時に撮影したものらしいです。

ところで実はこの記事、soulitudeさんに書いてもらう予定だったのです。そしたらsoulitudeさんから連絡があって、「歌詞に咲子さんの名前が!」って言うんですよ。普通に曲を聴いてたら、私の名前が聞こえたそうです。そしてsoulitudeさんが「この記事は咲子さんが書いたほうがいい」と言うので、そうさせていただくことにしました。もうこれ本当にただの自慢以外のなにものでもないんですけど、ここは堂々と自慢させてください!(笑)

3曲目『2018』の歌詞の一部抜粋。「アリガトSakikoさん」って書いてある!

 

私がPaloaltoさんに初めてお会いしたのは2014年3月です。もうすぐ丸5年ですね。それまではいちファンとして、外資系企業で会社員をしながらYouTube越しに韓国ヒップホップを楽しんでて、勇気を出して「私がお金出すから、全責任を持つから、日本でライブやってくれないか」ってHi-Lite Records宛てにメールを送ったのがきっかけでした。会社員らしく、超しっかり作り込んだプレゼン資料を添付して。

そしてその年の8月に初めての来日ライブを実現。その頃のHi-Liteは今ほど成功してなくて、オフィスも狭くてボロボロで、彼らにとって初めての海外公演となったこともあってすごく感謝してもらえて。私のたくさんの友人たちもライブを手伝ってくれて、今でも大切な思い出です。赤字にならずに済んだし(←これ本当に大事。個人で貯金崩してやってますからね!)

以降、私がPaloaltoさんの来日公演を担当したのは全部で6回。それ以外にも日本のアーティストとのコラボをコーディネートしたり、撮影したり、一緒にいろんな仕事をしながら困難を乗り越えるたびに結束力が増して、もう昔のように憧れの気持ちはなくて大切な友人って感じになっちゃったけど、あの頃YouTube越しに憧れていたあのPaloaltoさんが歌詞に私の名前を入れてくれる日がくるなんて、マジ卍ですわ(語彙力崩壊)。

ということで本当にただの自慢になってしまいましたが、でも韓国ヒップホップの第一線にいる人の歌詞に初めて登場した日本人として(←違ったら恥ずかしい)、今だけは調子に乗らせてください。この勢いで来年も韓国ヒップホップを日本にお届けしまくるぞー!!!みんな、ついてこい!!

EP『YEAREND: 송구영신 (送旧迎新)』のトラックリストは以下の通りです。フィーチャリングにはQwala、YunB、Ugly Duckを、プロデューサーにはBig Banana、Sway D、Yun B、Unsinkableを迎えています。韓国のラッパーの間ではすでに「すごくインスピレーションが得られる名作」と評判のようです。アルバムのタイトルらしく、2018年の年末はこれを聴きながら年越しすると2019年は大吉になりますよ!

01. Fuck It
02. Mushroom Cloud (Feat. Qwala)
03. 2018 (Feat. YunB)
04. 3355 (Feat. Ugly Duck)

 


 

Paloalto – YEAREND: 송구영신 (送旧迎新) のご視聴はこちらから

itunes spotify

 

writerSakiko Torii

BLOOMINT MUSICの創設者および編集長。韓国ヒップホップ・キュレーターとして執筆、ライヴ主催、音源/MV制作サポート、メディア出演など多方面に活躍中。イギリスに音楽留学していた本格派。著書に『ヒップホップコリア』。

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加