Single | DPR LIVE - Please (Feat. キム・ヒョウン, G2, Dumbfoundead)


先日リリースしたDEANとのコラボ楽曲『Know Me』で話題になったばかりのDPR LIVEが、早くも新曲『Please』をリリースしました。3人の豪華なフィーチャリングに迎えた贅沢な一曲です。

まずは去年出演した『Show Me The Money』シーズン5での活躍が記憶に新しいキム・ヒョウン。去年、Illionaire Recordsの傘下に設けられたAMBITION MUSIKと契約したことも話題になりました。番組内では、The Quiettがキム・ヒョウンのことをとても気に入ってる様子がうかがえましたね。硬派なルックスと寡黙なイメージに、重々しいラップがよく似合います。

次は、こちらも同様『Show Me The Money』シーズン5で知名度を一気に押し上げた、Hi-Lite Records所属のG2。つい最近、ファーストアルバム『G2’s Life』をパート1パート2に分けて発表し、新人らしからぬ貫録すら見せつけたハイクオリティな完成度でシーンを圧倒させました。

そしてもう一人はDumbfoundead。アメリカ・LAで活動する韓国系アメリカ人のラッパーです。この人のことは何年も前から応援していまして、まさかここまで韓国のヒップホップシーンの中に入ってくるようになるとは思ってもみませんでした。やはりKeith Apeをアメリカに連れていくことになった立役者であることが影響しているのでしょうか。テキサス育ちのG2とのつながりも深そうですね。オール・イングリッシュで活動してきた彼が、ここまで韓国語を交えてラップしているのは個人的に衝撃です。そして相変わらずうまい!

主役であるDPR LIVEも、若さ溢れるエネルギッシュなラップがとても印象的です。他の3人が結構個性が強いというか、ラップや声だけでなくキャラも立ってるメンバーが揃っている中、食われることなくトラックの先頭バッターとしてしっかりとパワフルな印象を残しています。

4人の個性がぶつかりあった良作『Please』は、ミュージックビデオも後悔されていますので、ぜひご覧になってみてください。


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者である鳥居咲子は、幼少期よりピアノと音楽理論を学び、ロンドンに音楽留学をした。現在は音楽記事の執筆、ライブ主催、楽曲リリースのコーディネート、メディア出演など、韓国ヒップホップに関する様々な活動を展開している。著書に『ヒップホップコリア』。音楽以外に関するネタを集めた趣味ブログ『BLOOMINT DIARY』も運営中。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link