VMC所属のLOSが、LDHの新進R&BシンガーMABUの1stアルバムにフィーチャリング!(MABUから独占コメントもあり)

Written By Sakiko Torii

皆さんご存じ、日本のLDH。EXILEで有名な、あのLDH。私も個人的に、m-floとSik-Kの『tell me tell me』、SALUとJa Mezzの『Pink is the New Black』のお仕事でお世話になりました。

そのLDHに所属する新鋭R&BシンガーのMABUが、自身のライフスタイルを歌に乗せて詰め込んだ1stアルバム『BRIGHTEST DOPE』を4月29日にリリースしました。なんとそのアルバムに、韓国のラッパーのLOSが1曲フィーチャリングで参加しています! しかもオリコンのアルバムデイリーチャートで初登場17位を取ったそうです。おめでとうございます! 韓国のラッパーが日本のリスナーに知られるきっかけのひとつとなったことに感謝しかありません。

LOSは米ロサンゼルス出身の韓国人ラッパー。韓国ヒップホップシーンにその名が一気に広まったきっかけは、2018年に放送された『SHOW ME THE MONEY 777』です(6にも出てたけど、777でより名前が広がった)。右頬に唇のタトゥーがある人って言えばみんな分かるかな。同番組で9位という好成績を残したLOSは、その後もソロ作品や数々のラッパーへのフィーチャリングをこなしながら徐々に人気を集め、2019年12月にはDeepflow率いるVMC(Vismajor Company)に合流しました。

LOSはこちらの過去記事『「SHOW ME THE MONEY 777」から初の音源リリース、チャート上位を独占!』で紹介している『패(札)』に参加していますが、このステージで惜しくも脱落してしまいました。しかしこの時の縁でVMCに加入することになったのかと思うと、とても感慨深いですね。

そんなLOSが日本の注目株R&Bシンガーとコラボしたというのだから、これはそのアルバムをチェックしないわけにはいきません! まずはアルバムのリリースと同時に公開された『NOT LOOKING BACK』のミュージックビデオをチェック。

[MV] MABU – NOT LOOKING BACK

 

歌声が美しいですね! 伸びやかなヴォーカルとサウンドが心地いい。ラップのように歌う部分もあって、韓国ヒップホップと相性が良さそうです。そしてビジュアル的には男らしいというか、VMCと並んでも不自然じゃない感じ。

MABUは元々プロダンサーとしてキャリアをスタートさせたそうで、EXILEのATSUSHIやケツメイシなどのバックダンサー、振り付け、演出などを行ってきたそうです。それと並行してインディーズでアーティスト活動もスタートし、2019年にLDHからメジャーデビュー。自身で作詞・作曲もこなすなど、めっちゃマルチな才能に溢れた方です。

今回リリースされたアルバム『BRIGHTEST DOPE』はこれまでリリースしてきたシングルも収録されていて、ミュージックビデオもいくつか公開されています。例えばこちらの『HOT365』は東方神起への楽曲提供でも知られるUTAが手掛けた曲で、MABUの代表曲だそうです。

[MV] MABU – HOT365

 

残念ながらLOSが参加した『BRIGHTEST DOPE』のミュージックビデオはありませんが、トラックはiTunesやSpotifyなどで聴くことができるので、このページの一番下にリンクを載せておきますね。上記の2曲とはまったく異なるイメージで、LOSらしいスタイルの超かっこいいヒップホップです。

そして曲名をもう一度よく読んでみてください。そう、アルバムと同じタイトルなんですー! LOSはアルバムの中で重要な位置づけの曲に参加したのかなって思うと感激!

さらになんとビックリ、MABUさんからBLOOMINT MUSICのためにコメントをいただきました! 「本誌独占激白!」みたいなスクープが取れた気分です。しかし我がサイト、完全に韓国ヒップホップ専門なので質問内容がかなり偏っています。MABUさんファンの方、物足りなかったらすみません。

【独占】MABUショートインタビュー(韓国ヒップホップ寄り)

 

 

Q. 今回LOSと一緒に曲をやることになった理由をお聞かせください。

 

MABU: 元々韓国のヒップホップやR&Bをチェックしていて。『SHOW ME THE MONEY』にLOSが出ているのをYouTubeで観て「ヤバい!」ってなりました。たまたま自分のスタッフさんに韓国のヒップホップ界隈と繋がってる方がいて、その人に会った時に「LOSと曲やりたい!」って伝えたら、あれよあれよと話が進み現実になりました。

 

 

Q. 韓国ヒップホップに対する簡単な感想をお聞かせください。なんとく抱いている印象とか、気になってるラッパーとかがいれば知りたいです。

 

MABU: 単純にかっこいい! お洒落だし、万人ウケするポイントも抑えていてレベル高いなぁと思います! DPR LIVEと曲やりたいですね!

 

 

Q. 当サイトの読者は韓国ヒップホップにしか興味ない場合があるので、そんな方々に向けた自己アピールをお願いします!

 

MABU: 今回、初アルバムでLOSという素晴らしいアーティストと作品を作ることが出来て本当に嬉しく思っています。これからも出会いに感謝して心を込めて音楽を作ります。音楽は言葉よりハートだと思ってます。これからも韓国のリスナーにgood vibesを届けていきたいです。

 

MABUさん、ありがとうございました!

私が一番気になっていた「なんでLOSとやることになったのかな~」って疑問が解消した! でも私に頼んでくれても良かったのに~(笑)。次はぜひ私に頼んでください(お仕事アピール)。

それにしてもMABUさんは、元々韓国のヒップホップやR&Bをチェックされていたんですね。日本の音楽業界の方たちから韓国ヒップホップについていろいろ聞かれることが年々増えているのですが、確実に広まってるな~という実感はあります。今はコロナもあるし、日韓関係もいろいろあるしで簡単ではないんですけど、これからももっとヒップホップとR&Bの日韓交流が増えると嬉しいなって思ってます。

そしてやっぱりDPR LIVEとはやりたいよね! DEAN、Crush、Zion.T、DPR LIVE、この辺はみんなやりたいよね。私もやりたい(爆)

あと、「音楽は言葉よりハート」ってのにも共感しました。K-POPや韓国ヒップホップのリスナーだって、韓国語がまったく分からなくてもハートで楽しんでるもんね。

では最後に、LOSもオフィシャルでコメントを出しているので、そちらをご紹介して終わりにしようと思います。今回LOSがアルバムに参加したことをきっかけに、ぜひ『BRIGHTEST DOPE』を聴いて、MABUにも注目してみてください~!

LOSコメント

 

It was a vibe going to Japan and working with Mabu! Loved his energy and his work. Hip Hop is Hip Hop anywhere you go. And I’m blessed to have met him and his crew. Definitely looking forward to working with him again. LETS WIN. YABAI!!

 

日本でMABUと曲を作れて最高でした!
彼の音楽とエネルギーが大好きです。世界のどこへいってもヒップホップはヒップホップです。
彼と彼のクルーに出会えて光栄です。
また共演できる日が楽しみです。LET’S WIN.YABAI!!!

 
 


 

MABU – BRIGHTEST DOPE のご視聴はこちらから

itunes spotify

 

writerSakiko Torii

BLOOMINT MUSICの運営者。韓国ヒップホップ・キュレーターとして執筆、ライヴ主催、音源/MV制作サポート、メディア出演など多方面に活躍中。イギリスに音楽留学していた本格派。著書に『ヒップホップコリア』。



Sponsored Link

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加

Sponsored Link