Album | G2 – tHROWING uP bUTTERFLIES

Written By soulitude

Hi-Lite Recordsに所属するラッパーG2が、12月7日にニューアルバム『tHROWING uP bUTTERFLIES』をリリースしました。去年3月にリリースされた『G2’s Life(G2’s Life, Pt. 1 / G2’s Life, Pt. 2)』に次ぐ2ndアルバムで、全13曲が収録されています。

アルバムタイトルの「tHROWING uP bUTTERFLIES(蝶々を吐き出す)」は、英語の「I have butterflies in my stomach」という慣用句から来ています。これは直訳すると「胃の中に蝶々がいる」となりますが、意味としては「緊張や不安でそわそわして落ち着かない気持ち」を表す表現です。つまりG2が苛立ちや不安のもとである蝶々を吐き出し、心の安定を取り戻していくということでしょう。

実際にアルバムにはG2の悩みや憂鬱な感情がたくさん込められています。前作の『G2’s Life』が「ギョポ(在外韓国人)」出身のラッパーとして自身の立ち位置に至るまでのストーリーを語っていたとすれば、本作では彼が現在抱えている悩みやストレスを解消していく過程が込められていると言えます。ビートの雰囲気も全般的には落ち着いていますが、G2のトーンは相変わらずパワフルでトラックをルーズにはさせません。アルバムの最初を飾る『Alive』『Getaway』の2曲を除いた11曲にフィーチャリング・アーティストを迎えているところも特徴的です。

[MV] G2 – Alive

 

[MV] G2 – ChakhaeBoyz (Feat. Rekstizzy)

 

フィーチャリングには最近ReddyとコラボEP『eightyfivesoul』をリリースしたYear of the OxのLyricks、H1GHR MUSICに所属しているTed Park、そしてYELLOWMANE、Rekstizzyなどアメリカをベースに活動しているラッパーたちが多く参加しています。そのためどのトラックでも英語がたくさん使われており、さらに『Gyopo Rap II』というトラックもあるくらいG2自身も「ギョポ・ラッパー」としてのアイデンティティを強く押し出しています。

他にも最近日本のアーティストとのコラボ活動が活発なReddyとJa Mezzが参加していることも目を引きます。そしてAOMGのR&BシンガーHoodyやUniversal Music Korea傘下のレーベルON THE RECORD所属のシンガーTAEK、最近Million Marketに合流したシンガーソングライターのChancellorなどシンガーも多数参加していて、アルバムの全体的なムードをスムースにしています。

アルバム『tHROWING uP bUTTERFLIES』のトラックリストは以下の通りです。

01. Alive
02. Getaway
03. ChakhaeBoyz (Feat. Rekstizzy)
04. Passport (Feat. Ja Mezz)
05. Gameboiproducedthis (Feat. YELLOWMANE)
06. Airplane Mode (Feat. Chancellor & Reddy)
07. Cool (Feat. Ted Park & Rekstizzy)
08. Butterflies (Feat. TAEK)
09. I Don’t Know (Feat. Lyricks)
10. Gameboimadethis (Feat. GAMEBOYSACE, YELLOWMANE & DJ ZO)
11. Chuck (Feat. Ted Park)
12. Gyopo Rap II (Feat. Lyricks)
13. Peace of Mind (Feat. Hoody)

 


 

G2 – tHROWING uP bUTTERFLIES のご視聴・ダウンロードはこちらから

itunes itunes

 

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加