E SENSの密着映像『I’M GOOD #7 ‘Everywhere’』を観ながらコンサートに備える


皆さん、こんにちは。SAKIKOこと鳥居咲子です。E SENSのことが好きすぎてたまに気持ち悪い感じになっちゃうことで知られている私が、今日も気持ち悪い感じでE SENSネタを綴ります。

E SENSが8月から韓国の5都市を回る単独コンサートツアー『The Anecdote Tour』を控え、ドキュメンタリー映像シリーズ『I’m Good』の第7話として『Everywhere』を公開しました。前回公開された第6話の『손님(お客)』から、約半年ぶりとなる密着映像です。

韓国大衆音楽賞でプレゼンターを務めた時の様子、年内にリリース予定のニューアルバム『異邦人』の制作過程、Beenzinoとのセッション、Illionaireのライブに出た時の映像、プライベートショットなど盛りだくさんの内容です。

私が拙著『ヒップホップコリア』でインタビューしたDJ Soulscapeさんとも一緒にセッションしている場面がありますが、そのインタビューでDJ Soulscapeさんが「E SENSの曲をたくさん聴いてください」という言葉で締めたことを思い出し、感慨深いです。

 

コンサートですが、もちろん私、行ってきますよ。グフフ!←

なんてったって「たぶん日本人で一番E SENSが好き」っていうキャッチコピーを長年使い続けてますから。「気持ち悪いくらい好き」って言い続けてますから。もちろんコネなどは一切使わず、チケットサイトを通してちゃんとチケット購入しましたよ!

私とE SENSの歴史と言えば、①ファンになる → ②大麻で捕まる → ③待つ → ④復帰ステージを観に行く → ⑤Amoeba Culture脱退を見守る → ⑥Control大乱を見守る → ⑦「センスちゃん」という気持ち悪いおセンチ記事で一部のコアなファンを獲得する → ②に戻る → ③に進む……っていう流れで来ていますので、やっぱここは④に進まないといけないな、と思うわけです。

完全復活を遂げた立派な姿を見届けたら、それ以降はまた②に戻ることのないよう温かい目で見守っていきたいと思います。別にまた戻っても驚かないんだけど、でもやっぱり余計なブランクが空くのはもったいないし、今後も着実に音楽活動を続けていってほしいですからね。

ちなみに前回の「④復帰ステージを観に行く」に関しては、こちらに気持ち悪いレポが載っていますので、ご興味のある方はぜひ。まだAmoeba Cultureに加入する前の初々しいCrush、まだデビューアルバムが出る前の「新人」Zion.T、そしてDynamic Duoと一緒にステージに立つSupreme Team。時の流れを感じさせますね~。今後もどんな展開を見せていくのか、センスちゃんファンはハラハラドキドキですね。

そんな思いで「④復帰ステージを観に行く」セカンドシーズンに備え、心の準備中なのでした。

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの編集長。各種メディアでの記事執筆、ライヴ主催、楽曲リリースのコーディネート、メディア出演など韓国ヒップホップにおいて多方面に活躍中。イギリス音楽留学経験を生かした音楽的に深みのある記事がウリ。著書に『ヒップホップコリア』。
Sponsored Link