16歳の天才ラッパーD.Arkが、PSYの運営する「P NATION」に合流!

Written By Sakiko Torii

こ、これは……!

私的には驚いたし、嬉しいし、いいニュース!!!

『SHOW ME THE MONEY』のシーズン7と9で活躍した現在16歳のラッパーD.Ark(ディーアーク)が、PSYが運営するレーベル「P NATION」に加入したことが本日12月29日に発表されました。

P NATIONには現在PSY自身のほか、Jessi、Crush、Heize、ヒョナ、DAWNが所属していて、もう粒ぞろいなんてもんじゃない! PSYのアーティスト獲得センスの高さがすごい! 人気とか実力が高いだけじゃなくて、立ち位置とかイメージとか、ちょうどいいところを持っていくというか。2021年はP NATIONにより一層注目していきたいですね!

D.ArkのP NATION加入のニュースと同時にYouTubeに先行公開されたトラック『잠재력 (意味:潜在能力、英題:POTENTIAL) 』は、明日30日に正式にリリースされるとのことです。

[MV] D.Ark – 잠재력 (POTENTIAL)

 

ちなみにD.Arkは、P NATION所属のDAWNが今年10月にリリースした曲『던디리던 (DAWNDIDIDAWN) 』に作詞で参加しています。厳密に言うと作詞を手掛けたのがPSY、Jessi、DAWN、D.Arkで、作曲にはPSY、ユ・ゴンヒョン、 PENOMECOが参加しているという超豪華な曲です。そんな理由で、D.ArkがP NATIONに加入する可能性は以前から噂されてはいました。

D.Arkは『SHOW ME THE MONEY』のシーズン7放送当時(2018年)、発覚した過去のトラブルによって途中から出演シーンをごっそりカットされたという過去があります。しかしながら14歳という幼い年齢で完璧なラップを披露し、類稀なる才能を見せつけていたため、将来を期待するファンは少なくありませんでした。

今年のシーズン9で久々に表舞台に姿を見せたD.Ark。前回ほどではありませんでしたが、なかなかの健闘を見せました。トラブルを経たせいか、2年前の尖った感じがすっかりなくなっていたD.Arkにプロデューサーたちはガッカリしていましたが、16歳にしてラップが完璧に完成されているというのは本当にすごいことです。期待が高すぎるせいで評価が低くなるのはちょっとか残念だなって思いました。

ところで先述のDAWNの『던디리던 (DAWNDIDIDAWN) 』ですが、これがまたとんでもない大ヒットを遂げまして。YouTubeの再生回数も本日の時点で1600万回を超えています。複数の作詞家が参加しているとはいえ、D.Arkはわずか16歳にしてヒット曲の作詞を手掛けたということになりますね。曲もMVも超かっこいいので、まだ観たことのない方はぜひ観てください!

[MV] DAWN – 던디리던 (DAWNDIDIDAWN) (Feat. Jessi)

 

2004年生まれ、16歳のD.Ark。中国の延辺(えんぺん)朝鮮族自治州の出身ということで、民族的には韓国人ですが国籍は中国です。民俗学とか歴史の話が複雑に絡んでくるので詳細は割愛しますが、延辺では「中国朝鮮語」と呼ばれる言語が公用語で、中国語と韓国語の両方が使われています。非常に教育水準の高い地域でもあり、英語や日本語に堪能な人も多いです。D.Arkも英語・中国語・韓国語のトリリンガルです。

D.Arkは高い実力を持ちながら、過去のトラブルやらでイメージが悪くなっちゃってもったいない存在でした。これから PSYのレーベルでどんな活躍を見せてくれるのか、めっちゃ楽しみです!

writerSakiko Torii

BLOOMINT MUSICの運営者。韓国ヒップホップを専門に文筆業、ライヴ主催、音源/MV制作サポート、メディア出演など多方面に活躍中。イギリスに音楽留学していた本格派。著書に『ヒップホップコリア』。



Sponsored Link

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加

Sponsored Link