Loopyが待望の1stアルバム『NO FEAR』をリリース! ボーナストラックを含めたフィジカルアルバムも発売予定

Written By Sakiko Torii

Loopyが待望の1stアルバム『NO FEAR』を4月14日にリリースしました。Apple MusicやSpotifyなどの配信バージョンには21曲、フィジカルバージョン(CD)には25曲も収録されているという大作となっています。フィジカルは4月29日にリリース予定とのこと。

Loopyの名前が韓国ヒップホップシーンで知られるようになってかれこれ5年近く経ちますが、意外なことにこれがLoopyにとっての1stアルバムとなります。とは言ってもミックステープやEPは過去に何枚も出していて、アルバム単位としては2018年7月の『KING Loopy』以来ですね。でも『KING Loopy』は2015年9月に公開したミックステープバージョンをEPとして正式発売したものなので、そういう意味では2018年2月のEP『QUESTIONS』以来かな?

ちなみに去年には、LA時代からの音楽仲間であるnaflaと共にEP『LooFla』もリリースしています。Loopyはソロでもシングルを頻繁に出すし、naflaとの共作もたくさん出しているけど、このたび満を持して初のフルアルバムがリリースされたというわけです。

アルバムのタイトルである「NO FEAR」は「恐れないで」といった意味ですが、本作は「恐怖」というテーマをモチーフにしているそうです。過度な競争やうつ病に苦しむ世の中の人々に対し、恐怖を克服することは可能だというメッセージを伝えているのだそう。且つ、MKIT RAIN RECORDSの首長として、従来のヒップホップシーンに広がっている固定観念から抜け出し、かつての活動拠点だったアメリカで感じられるようなヒップホップのトレンドを伝えたいとのことです。

アルバムのリード曲は『않아 (ANA)』と『VILLAIN』の2曲。『않아 (ANA)』のほうはミュージックビデオも公開されています。『VILLAIN』もオフィシャルオーディオがYouTubeに公開されていて、どちらも親切なことに日本語字幕がついているので、字幕をONにして設定を日本語にしてみてください。

[MV] Loopy – 않아 (ANA) (Feat. CHANGMO)

 

[MV] Loopy – VILLAIN

 

アルバムの収録曲のうち、ほかにも『NO FEAR』と『DANCE 4 U』のミュージックビデオが公開されています。また、『G.O.A.T』のオフィシャルオーディオも映像になっています。これまた親切なことにどれも日本語字幕がついています。

[MV] Loopy – NO FEAR

 

[MV] Loopy – DANCE 4 U

 

[Official Audio] Loopy – G.O.A.T (Feat. The Quiett)

 

今回のアルバム『NO FEAR』では、トラップやニュースクールなど既存のヒップホップのスタイルを筆頭に、レトロ、ディスコ、アフロなど多彩なジャンルを盛り込んでいます。フィーチャリング陣も豪華で、MKIT RAINからはnafla、Bloo、Young West、Owenの全員が参加。レーベル外からもThe Quiett、Paloalto、CHANGMO、Kid Milli、ペク・イェリンなど、超豪華なラインナップです。

待望のアルバムではありますが、実は「ずっと息をひそめていたLoopyが突然アルバムでドーンとカムバック!」って感じではなくて、収録曲が以前からちょっとずつシングルとして先行リリースされてきました。私は毎月プレイリストを更新していますが、Loopyのこの先行リリース曲が月に2~3曲ずつ出てくるので、どれをリストに入れようか迷うこともしばしば。最近アルバム『u n u part. 2』をリリースしたnaflaも同じ感じだったので、この2人の多作っぷりに常に驚かされてばかり。

そんな感じでこのたびリリースされたアルバム『NO FEAR』ですが、いくつかの曲に対して公式の解説文があったので翻訳しておきます。

今回のアルバムのスタートを知らせる1番トラックの『GEAR 2020』は、Loopyの名を韓国のヒップホップシーンに知らしめた『GEAR 2』の続編ではなく、2020年度を意味している。同時に最近のヒップホップシーンのトレンドを加えたLoopyの新たな「GEARシリーズ」であるとも言える。この曲を通して『GEAR 2』で大衆に固定されたイメージから脱却するとともに、トレンディなヒップホップらしさと「GEARスタイル」のタイトさを見せ、フルアルバムのスタートを知らせる。

 

アルバムリード曲である『않아 (ANA)』は、Loopyが大衆に新しく見せるレトロ風ジャンルのトラックだ。厳しい今の社会の中で言いたいことが言えない現代人、本人の意見を述べにくい今の世代に警鐘を鳴らすメッセージが込められている。曲の完成度を高めるため、最近最も高く評価されているAmbition Musik所属のCHANGMOがフィーチャリングし、エモ風とレトロの2つのスタイルを巧みにマッシュアップした。

 

また、MKIT RAINの首長として普段から所属アーティストと地道なコラボレーションを続けてきたLoopyは、今作でも所属アーティストとともにいくつものトラックでコラボレーションし、アルバムの完成度を高めた。

 

『PRADA SHOES』というトラックにはMKIT RAIN所属のYoung Westが参加し、曲にファッショナブルさとトレンディなグルーヴを加えて大衆に寄せた。『돈의 맛 (MONEY TASTE)』というトラックにはBlooが参加。これまで見せていたエモ風の姿とは違い、センスが際立つラップを披露した。Owenは『FREESTYLE』いうトラックでアトランタスタイルの定石を見せた。naflaは『ONCE UPON A TIME IN LA』という曲に参加し、Loopyとnaflaが初めて出会ったLAに対する恋しさをシンギングラップで一緒に披露した。

 

以下はアルバム『NO FEAR』のトラックリストです。冒頭に記したように、配信バージョンでは21曲目までが収録されています。

01. GEAR 2020
02. ANACONDA (Feat. Paloalto)
03. 않아 (ANA) (Feat. CHANGMO)
04. PRADA SHOES (Feat. Young West)
05. GO! SHOPPING! (Feat. pH-1)
06. 돈의 맛 (MONEY TASTE) (Feat. Bloo)
07. GET IT (OKAY)
08. SAD BOY
09. NO FEAR
10. FREESTYLE (Feat. Owen)
11. IN N OUT
12. VILLAIN
13. GIRL (Feat. Tommy Strate & Dbo)
14. BRO
15. NEO SEOUL LOVE (Feat. ペク・イェリン)
16. DANCE 4 U
17. TUESDAY (Feat. Yuzion & Lil Cherry)
18. A ROCKSTAR WANTS TO BE A POPSTAR (Feat. Kash Bang)
19. DARK TIME (Feat. Owen)
20. G.O.A.T (Feat. The Quiett)
21. ONCE UPON A TIME IN LA (Feat. nafla)
22. FYE [DELUXE ONLY]
23. TO ALL MY LOVES [DELUXE ONLY]
24. VVIP ONLY (Feat. nafla & Owen) [DELUXE ONLY]
25. DO NOT UNDERSTAND (Feat. Kid Milli) [DELUXE ONLY]

 


 

Loopy – NO FEAR のご視聴はこちらから

itunes spotify

 

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加

Sponsored Link