韓国フィメールラッパーの本格シーズン到来? Jvcki WaiからEXID LE、Heizeまでの歴史を追う


総合カルチャーサイトの「Real Sound(リアルサウンド)」にて不定期連載中のコラムが更新されました。第4回目のテーマは「Jvcki Waiを筆頭に、韓国のフィメールラッパーについて語る」というものです。

私が『ヒップホップコリア』を執筆していた当時は、フィメールラッパー・シーンがまだ全然元気がなかった頃でした。それからわずか2年の間に状況が大きく変わり、実力も人気もスター性も兼ね揃えたラッパーたちが続々と登場しました。文字数に限りがあるため基本的なことしか説明できませんでしたが、それでもある程度の流れはだいたい紹介できたかなと思っています。

記事内にもある通り、lute株式会社は最近Hi-Lite Records、Jvcki Waiとエージェント契約を締結しました。私もコアメンバーとしてluteの韓国プロジェクトをサポートしています。これからますます日本で広がりを見せるであろう韓国ヒップホップ・R&Bを一緒に盛り上げていきましょう!

では、下記リンク先よりコラムをお楽しみください!

韓国フィメールラッパーの本格シーズン到来? Jvcki WaiからEXID LE、Heizeまでの歴史を追う

 


 

※鳥居咲子によるリアルサウンドの連載記事一覧はこちら

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの編集長。韓国ヒップホップ・キュレーターとして記事執筆、ライヴ主催、楽曲リリース/MV制作コーディネート、メディア出演など多方面に活躍中。イギリスに音楽留学していた本格派。著書に『ヒップホップコリア』。
Sponsored Link