Album | Simon Dominic – DARKROOM: roommates only

Written By Sakiko Torii

Jay Parkと並んでAOMGの代表を務めるベテランラッパーのSimon Dominicが、6月15日にニューアルバム『DARKROOM: roommates only』を電撃発表しました。完全なるサプライズとしてリリースされた本アルバムに、古くからのファンたちは大歓喜しています。

Supreme Teamの解散後、活動のペースが遅くなってしまった彼に対してファンは長い間ヤキモキしてきました。AOMGに加入以降、EPやシングルはちょこちょこ出ましたが、今回は8曲入りのアルバムということで聴き応えも十分。しかもラッパーは1人もフィーチャリングしていないので(シンガーは2人参加)、Simon Dominicのラップをたっぷりと楽しめます。

アルバムのタイトルである「DARKROOM」というのはそのまま「暗室」という意味で、彼の子供時代の写真を並べて作られたアートワークにも漢字で「暗室」と書いてあります。サブタイトルの「roommates only」には「自分の音楽を聴くすべての人は自分にとってのルームメイトだ」という意味が込められているそうです。「ここに至るまでに過ごした時間の感情をすべて詰め込んだ」という言葉通り、それぞれのトラックの歌詞には率直な思いが綴られています。誰にでも当てはまるような内容の歌詞は共感を呼びやすいですが、いくつもの固有名詞を並べながら自分だけの話をするラップは、個人的な好みとしてやはり最高だなって思いました。

すごく粋だなーと思ったのが、アルバムの最後を飾る『얼라(ガキ)』という曲に出てくる「6月15日にd-dayを。予定通り発売されたらさあお祝いだ」という歌詞です。ずっと秘密裏に制作していたこのアルバムを、完全なサプライズとして6月15日に発表して、そのアルバムを聴いてみたら最後の曲にそんな歌詞が入ってるだなんて「粋」以外の言葉が見つかりません。

これまでSimon Dominicは何度もラップスタイルや音楽性が変わってきたこともあって、毎回作品が出るたびにファンの間で好き嫌いが分かれる傾向があるように思います。今作も同様に賛否両論のようなのですが、私としてはいろんなスタイルに適応できるのはひとつのスキルだと思うし、今回のアルバムは結構お勧めです。

トラックリストは以下の通りです。日本ではiTunesやSpotifyなどから配信されていますので、この下にリンクも貼っておきます。

01. roommates only
02. 06076
03. winterlude ’17
04. 정진철 (ジョン・ジンチョル)
05. 씻겨줘 (洗ってくれ)
06. 데몰리션 맨 (デモリションマン) (Feat. キム・ジョンソ)
07. 귀가본능 (帰宅本能) (Feat. JINBO the SuperFreak)
08. 얼라 (ガキ)

 


 

Simon Dominic – DARKROOM: roommates only のご視聴・ダウンロードはこちらから

itunes spotify

 

writerSakiko Torii

BLOOMINT MUSICの創設者および編集長。韓国ヒップホップ・キュレーターとして執筆、ライヴ主催、音源/MV制作サポート、メディア出演など多方面に活躍中。イギリスに音楽留学していた本格派。著書に『ヒップホップコリア』。

Related

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加