Topic | Swingsが新レーベル「Indigo Music」を設立


2017年4月21日、ラッパーのSwingsが新しいレーベル「Indigo Music(インディゴ・ミュージック)」を設立したことが発表されました。現時点での所属アーティストは、Young B(ヤング・ビー)とKid milli(キッド・ミリ)の2人だということです。また、今後も実力のあるアーティストと継続的に契約していく計画だということです。

Swingsといえば以前からJust Musicというレーベルも運営していますが、そちらにもつい最近新しいメンバーが2人加入したことが話題になったばかりですね。詳しくは先週の記事「Topic | Just Musicが新メンバーを2人迎え入れ、9人体制に」をご覧ください。

今回Indigo Musicに加入した2人は、前々からSwingsと関わりがありました。Young Bはつい先日、『Buster Call Cypher』という曲でSwingsと共演しています。『Buster Call Cypher』の字幕付きビデオを作った時の記事(こちら)にもちょっと書きましたが、Young Bは現役高校生によるラップバトル番組『高等ラッパー』で優勝をしました。Swingsは同番組でメンターを担っていたので、当然のつながりということです。

Kid milliは去年から本格的に活動しているラッパーで、Swingsが昨年リリースしたミックステープ『Levitate 3』に参加しています。マニアの間では前々から上手だと話題になっていたようですね。楽曲を調べてみると、MaruhanとかHanedaとかHonmonoってタイトルの曲が目につきます。日本に関係している方なのでしょうか?

Just Musicも大きくなり、Indigo Musicも立ち上がり、今後はますますSwingsの野望が大きく広がっていくことになりそうですね。

 


(写真左:Young B、右:Kid milli)

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者である鳥居咲子は、幼少期よりピアノと音楽理論を学び、ロンドンに音楽留学をした。現在は音楽記事の執筆、ライブ主催、楽曲リリースのコーディネート、メディア出演など、韓国ヒップホップに関する様々な活動を展開している。著書に『ヒップホップコリア』。音楽以外に関するネタを集めた趣味ブログ『BLOOMINT DIARY』も運営中。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link