Album | MINO – XX

Written By soulitude

グループWINNERのメンバーであるMINO(ソン・ミンホ)が、11月26日にソロデビューアルバム『XX』をリリースしました。アルバムのタイトルは「すでに定義されている言葉にアルバム名を当てはめたり、意味を制限して限界を設定したくなかった」という理由で名付けられたそうです。活動曲『아낙네(女)』をはじめ、全12トラックが収録されています。

[MV] MINO – 아낙네 (女) (FIANCÉ)

 

YGエンターテインメント(以下、YG)所属の4人組グループWINNERのメンバーとして知られるMINOですが、実は彼はアマチュア時代からラッパーを目指していました。ZICOと共にBlock Bのメンバーとしてデビューを準備していた時期もありますが、Block Bとしてデビューすることは叶いませんでした。その後はYGに移籍し、YG主催のサバイバル番組『WIN』を経て、WINNERとしてデビューを果たしました。その後もグループの成功に伴い、多くのメディア露出を通して活躍しています。

MINOはこれまでも、WINNERのアルバムに収められた『걔 세(そいつは強い)』などのソロ曲でラッパーとしてアピールしつつ、2015年には『SHOW ME THE MONEY 4』で準優勝を獲得して優れたラップスキルを証明しました。2016年には同じくYG所属のグループiKONのBOBBYと「MOBB」というユニットを結成し、『The MOBB』というEPをリリース。他にもEPIK HIGHの『BORN HATER』『노땡큐(No Thanxxx)』、Ja Mezzの『錬金術』、CODE KUNSTの『StrOngerrr』などにフィーチャリングし、それぞれの曲で印象的なラップを披露してきています。

今回リリースされた『XX』は彼にとって初めてのソロアルバムで、MINO自身が全トラックのプロデュースに関わっています。特に活動曲の『아낙네(女)』は、韓国でとても有名な70年代の歌謡曲『소양강 처녀(昭陽江の乙女)』をサンプリングしたことが話題になりました。他のトラックもヒップホップをベースにし、トラップ、ラチェット、エレクトロニック、クランクなど様々なスタイルを取り入れて多彩に構成されています。フィーチャリングには同じくYGのタレント作家兼コメディアンの유병재(ユ・ビョンジェ)の他に、女性シンガーのBlue.D、ラッパーYDG(ヤン・ドングン)の3名が参加しています。

アルバム『XX』のトラックリストは以下の通りです。

01. 시발점 (出発点) (TRIGGER)
02. 아낙네 (女) (FIANCÉ)
03. 소원이지 (願うよ) (HOPE) (Feat. ユ・ビョンジェ)
04. ㅇ2 (O2)
05. 로켓 (ロケット) (ROCKET)
06. 흠 (ふむ) (UM…) (Feat. Blue.D)
07. 위로 해줄래 (慰めてくれる?) (LONELY)
08. 오로라 (オーロラ) (AURORA)
09. 어울려요 (似合ってます) (her)
10. 암 (そうだね) (AGREE)
11. 불구경 (火事見物) (BOW-WOW) (Feat. YDG)
12. 알람 (アラーム) (ALRAM)

 


 

MINO – XX のご視聴・ダウンロードはこちらから

itunes spotify amazon-button-1

 

writersoulitude

日韓の大衆音楽事情を専門とするライター。歌詞・記事の翻訳や音源の流通、キュレーションなどの職業を経て、今は日韓の音楽シーンの架け橋となるべく活動中。

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加