Single | DΞΔN - love (Feat. Syd)


ビッグニュースが出ましたねー。DEANが本日5月19日にニューシングル『love』をリリースしたのですが、なんと、フィーチャリングにアメリカ人シンガーのSyd(シド)を迎えています。Sydはアメリカのバンド、The Internet(ジ・インターネット)のボーカリストです。

これまでもDEANはAnderson .Paak や Eric Bellinger など、アメリカの大物とのコラボレーションを果たしてきましたが、今回のコラボはちょっと一味違う感慨深さがあります。というのも、私は去年11月にDEANにインタビューをしたのですが、その中でDEANは「最近はバンドをよく聴いてますね。アメリカのThe Internetとか、韓国のPhony Pplっていうバンドを聴いてます」と答えているのです!

そのインタビュー記事をまだお読みでない方は、ぜひ一度読んでみてください。我ながら自信作です。こちらの記事「Interview | starRo x DΞΔN by Red Bull Japan」に、そのインタビュー記事へのリンクが貼ってあります。

だからDEANが去年の秋頃にThe Internetを聴いてたっていうことは、このインタビュー記事を読んだ人しか知らないかもしれないので、ちょっと一味違う感慨深さがあるでしょ!?(笑) そしてその半年後に、そのThe InternetのボーカリストであるSydとコラボ曲を出してしまうというDEAN、本当にすごいですね!

さて、今回のシングル『love』ですが、かなりThe Internet色の強いサウンドだと思います。だけどDEANのパートになると、ちゃんとDEANの個性がしっかり出せているからさすがです。曲のラストでガラッと雰囲気が変わるのもおもしろいです。ピッチを歪ませまくっているのが新しいですね。こうやって実験的なサウンドを貪欲に取り入れるところ、本当に尊敬します。英語詞だからだと思うのですが、作詞にはDEANが所属するクルー「clubeskimo」のMiso(イギリス育ち)も参加しています。

ミュージックビデオもとても個性的でおもしろいです。昔の映像が使われているのかと思いきや、DEANとSyd本人たちなんですね。飛行機の上で歌う姿がかっこいい。ラストの曲調が変わる部分では、サウンドに合わせたエレクトリックな映像に変わりつつ、画質を古めかしく粗くしていて前半部分と統一されています。サウンドも映像も、とにかくオシャレな一曲です。日本ではiTunes、またはSpotifyで聴けるので、リンクを下に貼っておきます。

 


 

DEAN – love (Feat. Syd) のご視聴・ダウンロードはこちらから

itunes spotify

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者である鳥居咲子は、幼少期よりピアノと音楽理論を学び、ロンドンに音楽留学をした。現在は音楽記事の執筆、ライブ主催、楽曲リリースのコーディネート、メディア出演など、韓国ヒップホップに関する様々な活動を展開している。著書に『ヒップホップコリア』。音楽以外に関するネタを集めた趣味ブログ『BLOOMINT DIARY』も運営中。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link