Topic | Overclassが会社設立、10周年アルバムをリリース予定


Verbal Jint、San E、Swingsなどが共同で「株式会社オーバークラス・クルー」を設立しました。Overclassとは2007年に結成されたクルーで、会社設立と合わせて結成10周年を記念したアルバムをリリースすることが発売されました。

Overclassのリーダーは、Grandline Entertainmentの創設者でありCEOとしても知られるWarmmanですが、実質的にはVerbal Jintがクルーの顔となっています。Overclassというクルー名もまた、Verbal Jintのアルバム『Modern Rhymes』に収録されている同名曲から付けられたものです。クルーに関するより詳しい説明は、拙著『ヒップホップコリア』のP.110をご覧ください。San Eがクルーに加入することになったきっかけも簡単に説明しています!

こちらはかつてOverclassのマスコットキャラクターとして愛された「양놈(ヤンノム)」ですが、これもまだ使っているのでしょうか。2011年からクルーの活動が停止していたので、その辺のコンセプトとかは結構変わったかもしれないですね。Verbal Jintの作風も当時からするとだいぶ変わったし。このキャラクターの説明も『ヒップホップコリア』のP.110に書いてあります!

 

Overclassはディスが多いクルーとして知られていましたが、2000年代後半当時としては、いわゆる「ヒップホップらしい」音楽的追求もしっかりとしており、数々の名作を残しました。その後はVerbal Jint、San E、Swingsなどがそれぞれ大衆的に成功し、クルーとしての影は潜めていましたが、昔なじみの仲間がここに再び集結したというわけです。

ところで『ヒップホップコリア』のP.56~61には、Verbal Jintの独占インタビューも掲載されています。その中でOverclassが再結成する可能性を質問しているのですが、Verbal Jintは「それぞれ所属会社も違うので難しいが、可能性は諦めていない」と語っていましたが、ついに実現したわけですね! インタビューしたのが2015年11月なのですが、それから1年半を経て実現されたということで、私も感慨深いです。

メンバーはWarmman、Verbal Jint、San E、Swings、チョ・ヒョナ、Delly Boi、Rimi、Nodo、K JUN、B-Soap、XEPY、Crybaby、LOBOTOMY、Krucifix Kricc、キム・スジュンの計15名です。

XEPYはJunggigoとSoYouの『Some』を作った人です。BrandNew Musicにも所属していることから、Verbal JintやSan Eとの距離の近さも感じますね。XEPYの簡単なプロフィールは『ヒップホップコリア』のP.174をご覧ください。なお、『ヒップホップコリア』のOverclassの説明でYoungcookと書いてあるのがLOBOTOMYです。LOBOTOMYは当初はYoungcookを含む4人だったのですが、途中からYoungcookのソロとなりました。今はどうなのかちょっとよく分かりません。

今回の会社設立はVerbal Jint、San E、Swings、チョ・ヒョナを筆頭に計画され、リーダーのWarmmanが総括指揮したそうです。Grandlineでの経験を生かした敏腕な経営が期待できますね。リリース予定のアルバムも15名全員が参加しているそうで、こちらも楽しみです!

Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者。イギリスでの音楽留学経験を生かした音楽的に深みのある記事が売り。独自スタイルのライブ企画、楽曲リリースのコーディネート、ライター活動、各種メディア出演など、韓国ヒップホップにおいて多方面に活躍中。著書に『ヒップホップコリア』。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link