Album | nafla - Angels


MKIT RAIN Records所属のnaflaが10月22日にアルバム『Angels』をリリースしました。7月に公開したシングル『JAIL』も収録されています。ミックステープやEPを度々出してきたので意外に感じられますが、本作がnaflaのファーストアルバムとなります。そのため、多くのヒップホップファンにとっては「待ちに待った期待の作品」ということになりますね。

本作は普段からnafla自身が好んで聴いているという2000年代のヒップホップをベースに、派手なラップと人々が気楽に楽しめるサウンドという二点に重点に置いて制作したとのことです。

去年リリースされたEP『new blood』では全曲の作詞、作曲、プロデュース、ミキシング、マスタリングのすべてをnafla自身が手掛けましたが、今回は大勢の力を借りて作られています。プロデューサーとして名を連ねているのはVince M、Taz Taylor、Cloudy Beats、Kimparkchella、BW Beats、mjNichols、Gan Vogh、Saavane、GroovyRoom、Dreamlife。そしてミキシングやマスタリングも複数の方々が手掛けています。

そのためサウンドに多様性が生まれ、クセのあるnaflaのラップを16曲全部最後まで飽きることなく楽しむことができます。個人的には『gra gra』が一番好きかな。重厚な音がフィーチャリングしているLoopyの声にとても合ってる気がする。

トラックリストは以下の通りです。日本ではiTunes、Spotify、AmazonでCDまたは音源を購入することができます。一番下にリンクを貼っておきますので、お好きな方法でお楽しみください。

01. jungle
02. fly high (M & H)
03. wake up (skit)
04. kickback
05. jail
06. dead tree
07. friends (skit)
08. gra gra (Feat. Loopy)
09. loosies (Feat. Bloo)
10. 사과상자 (りんご箱) (Feat. Loopy)
11. dime
12. rollin’
13. taxi (skit)
14. 혼자가 편해 (一人が楽)
15. smile
16. 서울 (ソウル) (Feat. Owen Ovadoz)

 


 

nafla – Angels の購入・ご視聴はこちらから

itunes spotify amazon-button-1

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者。イギリスでの音楽留学経験を生かした音楽的に深みのある記事が売り。独自スタイルのライブ企画、楽曲リリースのコーディネート、ライター活動、各種メディア出演など、韓国ヒップホップにおいて多方面に活躍中。著書に『ヒップホップコリア』。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link