DPRが4年間のヒストリーを盛り込んだサウンドコレクションEP『DPR ARCHIVES』をリリース

Written By Sakiko Torii

DPR(Dream Perfect Regime)クルーが6月18日、サウンドコレクションEP 『DPR ARCHIVES』をリリースしました。クルーの過去4年間の歴史を詰め込んだアルバムで、全11曲が収録されています。

DPRクルーは、本アルバムを通してこれまでの歩みを振り返ってみることにしたとのこと。2016年に仲間同士で一緒に始めたこと、最初の頃に感じた気持ち、自分たちの夢を叶えるために応援してくれたファンへの感謝などを込めているそうです。これまでのクルーの成長記録を盛り込んだ本作には、この4年間、休まず走り続けてきた彼らの無限の可能性と幅広い音楽性が圧縮されていて、DPRとファンの双方にとって意義深い一枚となりそうです。

本EP『DPR ARCHIVES』には2曲のリード曲があるのですが、1曲目は2016年6月にDPR LIVEが無料公開した『THIRST』です。公開当時はDPR LIVEはまだ公式デビュー前で、これまではSoundCloudとYouTubeでのみ聴くことができましたが、4年の時を経て今回初めて正式にリリースされたというわけです。

[MV] DPR LIVE – 갈증 (THIRST)

 

もう1曲のリード曲『zombie pop』は、DPRの映像ディレクターであるDPR IANが、コンピュータ・ソフトウェア会社「Adobe」とのコラボレーション広告として先月公開したトラックです。明るく軽快なギター演奏をはじめ、甘美で海のような清涼な音色が加わり、DPR IANならではの独特な感性を楽しむことができます。

Adobeの韓国サイト(こちら)では、この映像を通して製品紹介がされています。業界で権威のある大御所クリエイターではなく、若い層に受け入れられている気鋭の実力派クルーを起用するという点に好感が持てますね。韓国ではK-POPや映画・ドラマの世界進出が目覚ましいですが、ヒップホップ、映像コンテンツ制作、アート、ウェブ漫画、ダンス、IT、家電、食品、化粧品、どれを見ても若年層の新鮮な感性がふんだんに取り入れられていると感じます。

話は戻りますが、このDPR IANによる『zombie pop』も元々はYouTubeで聴くことができましたが、今回初めて正式にリリースされたことになります。

Adobe x DPR IAN – zombie pop

 

EP 『DPR ARCHIVES』のトラックリストとクレジットは以下の通り。DPRファンの方には説明するまでもありませんが、DPRクルーは担当分野がメンバーごとに明確に分かれています。なので今回もアルバムの総合プロデューサーはDPR REM、ディレクターと映像制作はDPR IAN、ビートメイキングと楽器演奏(ピアノ、フォラム、ベース、ギター)はDPR CREAM、パフォーマンスはDPR LIVEです。『zombie pop』はDPR IANがパフォーマンスしてます。

DPRクルーについては3月に書いたDPR LIVEのアルバム『IS ANYBODY OUT THERE?』の記事でも少々詳しめに説明しているので(ほぼほぼDPR LIVEについての説明だけど)、良かったら読んでみてください。

01. 갈증 (THIRST)
02. just dream it
03. billboard uwu
04. our last dream
05. coming to you seoul
06. eyes of ian
07. eyes of live
08. eyes of cream
09. eyes of rem
10. eyes of dpr
11. zombie pop
 


 

DPR LIVE, DPR IAN & DPR CREAM – DPR ARCHIVES のご視聴はこちらから

itunes spotify

 

writerSakiko Torii

BLOOMINT MUSICの運営者。韓国ヒップホップ・キュレーターとして執筆、ライヴ主催、音源/MV制作サポート、メディア出演など多方面に活躍中。イギリスに音楽留学していた本格派。著書に『ヒップホップコリア』。



Sponsored Link

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加

Sponsored Link