J-WAVE『IMASIA』に出演しました③

Written By Sakiko Torii

※トップ画像は『IMASIA』公式ページよりお借りしました

 

5月31日、SKY-HIさんのラジオ番組『IMASIA』に出演しました。Reddyがニューアルバム『500000』をリリースしたので、Reddyが韓国ソウルから電話でリモート出演! それに伴い、韓国ヒップホップのアンバサダーであり、Reddyが所属するHi-Lite Recordsの日本支社とも噂されるこの私もチョロっと出演させていただきました!

Reddyは去年9月に続いて2度目の出演。私は3度目の出演となりました。私が出演した過去2回分の日記は以下でチェックしてね。

J-WAVE『IMASIA』に出演しました

J-WAVE『IMASIA』に出演しました②

 

今回の放送を聴き逃してしまった方は、1週間以内であれば「radiko」のタイムフリーで聴くことができます。スマホやタブレットでradikoのアプリを入れるか、またはPCから視聴可能です。タイムフリーで聴きたい方は、こちらのリンクからどうぞ~。1週間以内なので、2020年6月7日の朝まで有効なのかな?

今回はReddyとの会話の通訳に、恒例のピョンチョンさんが入ってくれました。最初は私が通訳するって話もあったんだけど、なんせ私の韓国語はフィーリング頼みなところがあって、とてもラジオ番組で通訳を務められるレベルではないので、ピョンチョンさんにお願いしていただきました。ピョンチョンさんは通訳者としてめちゃくちゃ優秀な方なので、いつも安心してお任せできます。収録中に写真も撮ってくれてありがたい!

 

このピョンチョンさんが親切に撮ってくれた上の写真を見ると分かると思うけど、私とSKY-HIさんの間には見えない壁が……ではなく、透明のボードの仕切りがあります。コロナ禍真っ只中の今、街に出てもいろんなところに工夫がされてるのが分かりますが、J-WAVEもしっかりと対策されてました。体温を測ってから中に入ったり。

Reddyのアルバムについては私が書いたこの記事を読んでくれるといいかなって思うんだけど、今回のリモート出演ではより深くアルバムへの思いを語ってくれたので、聴き逃した人はできればタイムフリーで聴いてほしいな。韓国でのコロナの状況についてもいろいろ話が聞けて興味深かったです。

そして最後に記念撮影。せっかくReddyが出演するからってことで、Hi-Lite Recordsのクラシックな感じのTシャツを着てきました。このTシャツはたぶん最後に生産したのが2013年くらいなので、かなりのレアものだと思います。当時のHi-Lite Recordsといえば、所属ラッパーたちがみんなこれを着て「Yo! Yo! このXX野郎!!」と男臭くラップしていたわけです。今ではすっかりスタイリッシュな感じになりましたが。

 

なんか私とSKY-HIさん、微妙にペアルックっぽくなってますね。まあスニーカーの値段とかたぶんゼロがひとつ違うくらいだと思うけど(勝手なイメージ)。

ちなみに私が履いてるスニーカーはアディダスのゴアテックスです。ゴアテックスは防水に優れた素材なので雨の日でも余裕! よく水溜りにズブッと突っ込んじゃう注意力散漫な私にはぴったりです。トレッキングシューズのタイプを選ぶと、靴底が滑りづらいのでさらにお勧め。もちろん晴れた日でも、天気に関係なくファッションに合わせて履いてます。トレッキングシューズはきつめにできてるので、いつもよりワンサイズ大きめを買いましょう。前にInstagramのスニーカーアンケートを取ったので、よかったらここで見てみてね。

というわけで、ただの日記でしたー!!!

SKY-HIさんが作っている番組のプレイリスト『IMASIAN RAP』は、SpotifyApple Musicで公開されています。アジアの旬なヒップホップが網羅されているので要チェック! 番組内ではReddyの『Hmmm』を掛けたけど、SKY-HIさんはギリギリまで『Do Better』と悩んでいました。だからなのか、プレイリストには『Do Better』が入ってますね!

writerSakiko Torii

BLOOMINT MUSICの運営者。韓国ヒップホップ・キュレーターとして執筆、ライヴ主催、音源/MV制作サポート、メディア出演など多方面に活躍中。イギリスに音楽留学していた本格派。著書に『ヒップホップコリア』。



Sponsored Link

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加

Sponsored Link