新型コロナウイルスに関する相談窓口一覧(補償・支援等)

Written By Sakiko Torii

皆さん、こんにちは。BLOOMINT MUSICの運営者、鳥居咲子です。

この厳しいコロナ禍をいかがお過ごしでしょうか。読者やフォロワーの皆様が肉体的にも精神的にも健やかに過ごしていることを願ってやみません。

それでも中にはコロナウイルスに罹患してしまった方、持病が悪化してしまった方、抑うつ状態になってしまった方、失業してしまった方、収入減で生活が苦しくなってしまった方、学業をあきらめることになった方、家族間トラブルが勃発/悪化してしまった方、様々な事情に苦しんでいる方がいらっしゃるのではないでしょうか。

「自粛」という言葉は「自発的に慎む」という意味であるにも関わらず、現状としては自粛することを強要されている状態です。もちろん遊びに行くことは慎むべきですが、仕事となるとそう簡単な話ではありません。結果として、数々のライブハウス、飲食店、小売店、サービス業などあらゆる業種の方々が経営の危機にさらされています。逆に自分が感染したり無症状のまま周りに感染させることを恐れながら通勤している方も大勢いらっしゃるかと思います。

私は音楽業界に身を置いているので、どうしても関係者に思いを寄せてしまいます。ライブハウスの経営者やスタッフ、ライブやイベントを製作するイベンター/プロモーター、DJ、演奏家、スタジオ、音響、照明、ヘアメイク、映像ディレクター、カメラマン、ライター、etc、皆さんとても苦しい状況に立たされています。私自身も仕事がごっそりキャンセルになりました。

アーティストもスタークラスの人からアンダーグラウンドの人まで様々なので、コロナ収束後に持ち直せる人もいれば、そうでない人もいるでしょう。現時点でも、音源制作やライブ配信で稼げる人もいれば、そうでない人もいます。一概に「この職業の人はつらい」「この職業の人は大丈夫」とくくることはできません。それは音楽業界に限らず、すべての業種や立場についても言えることだと思います。

何よりも大切なのは、感染拡大を防ぐことです。だからこのような苦しい状況は仕方ない部分もあるとは思います。だけど少しでも状況を良くするために取れる対策はあるはずです。政府や地方自治体の方針に不備があると感じたら、SNSやメールなどで声を上げることは決して無駄ではないと思います。批判は悪口ではありません。意見の表明、提案、要望、これらは愚痴や「叩き」ではありません。

現に「SaveOurSpace」は30万筆もの署名を集め、声を上げ続けることによってイベント関係者の補償をひとつずつ勝ち取っています。もし全員が黙っていたら、補償がないままイベント業界のほとんどが廃業に追い込まれていたでしょう。私も署名をしたし、メールでいくつかの機関に意見も送っています。胸を張って言えないような少額ですが、いくつかの団体や活動に寄付もしています。

自分にできることは何があるのか、これからも考えていきたいです。余裕のある方は余裕のない方に手を差し伸べてください。そして余裕のない方は我慢せずに助けを求めてください。

どこにどう助けを求めたらいいか分からない方は、以下のリンク先を参考にしてみてください。特に一番上のリンク先には様々なタイプの補償に関する情報が載っているので要チェックです。

 

新型コロナウイルスに関する基本情報はこちら

 

とても苦しい状況ですが、いつか必ず終息する日は来ます。絶望しすぎず、しかし楽観しすぎず、常に最新の情報を得ながら正しくウイルスと経済的トラブルから身を守りましょう。

そして最後に、この緊急時に大変な思いをしながら対応されている医療従事者の皆様には本当に頭が下がります。ありがとうございます。それからスーパーやコンビニやドラッグストアなどの店員の皆様、宅配業者、介護士、保育士、交通機関、公務員、上記の支援サービス等にお勤めの皆様、本当にありがとうございます。

私もまた元気にイベントなどで皆さんとお会いできる日を楽しみにしながら、これからもボチボチとマイペースに記事やプレイリストを更新していきたいと思います。引き続きBLOOMINT MUSICをよろしくお願いします!

writerSakiko Torii

BLOOMINT MUSICの運営者。韓国ヒップホップ・キュレーターとして執筆、ライヴ主催、音源/MV制作サポート、メディア出演など多方面に活躍中。イギリスに音楽留学していた本格派。著書に『ヒップホップコリア』。



Sponsored Link

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加

Sponsored Link