CHANGMO x ASH ISLAND x Junggigo x GRAYがコラボシングル『PAY DAY』をリリース

Written By Sakiko Torii

AMBITION MUSIKに所属のラッパーCHANGMOとASH ISLAND、そして現在はインディペンデント・アーティストとして活躍中のJunggigo、そしてAOMG所属のプロデューサーGRAY、この4者が結集したコラボシングル『PAY DAY』が2月27日にリリースされました。

とっても予想外の組み合わせですが(特にJunggigo)、この曲はキュレーションブランド兼ソーシャルマガジン「KozyPop」が企画したプロジェクトなのだそうです。同社が実施する「プロジェクト with KozyPop」というシリーズの第1弾だとのこと。

KozyPopはサブカルチャーやアーティストキャンペーンなどを通してここ数年少しずつ知られてきているブランドで、その名前は「心地よい」という意味の「COZY」と「K-POP」の合成語だそうです。特定のジャンルには絞らず、心地よくてゆったりとした柔らかいフィーリングを届けるコンセプトで、今回のプロジェクトを皮切りに今後はアーティストたちとのコラボレーションを続けていくということです。

今回のトラックのタイトルである「PAY DAY」とは「給料日」という意味で、この曲には「一生懸命走り抜けた日々を後にして、今この瞬間を楽しもう」「疲れている人々に楽しさを与えたい」というアーティストたちのメッセージが込められています。

[MV] CHANGMO, ASH ISLAND, Junggigo – PAY DAY (Prod. GRAY)

 

2002年から活動しているJunggigoと、1999年生まれのASH ISLAND。その2人が同じ曲に参加するなんて、改めて韓国ヒップホップが熟成されたことを感じます。だってJunggigoが活動を始めた頃は、韓国ヒップホップシーンで活動している人は20代しかいなかったのに、それが2020年になった今は10代から40代まで幅広くいるんだから。

1980年生まれのJunggigo、その6歳下のGRAY、その8歳下のCHANGMO、そしてその5歳下のASH ISLAND。それぞれの世代を代表する4人のアーティストたちのメッセージ、しかと受け止めて今この瞬間を楽しもう!

 


 

CHANGMO, ASH ISLAND, Junggigo – PAY DAY (Prod. GRAY) のご視聴はこちらから

itunes spotify

 

writerSakiko Torii

BLOOMINT MUSICの運営者。韓国ヒップホップ・キュレーターとして執筆、ライヴ主催、音源/MV制作サポート、メディア出演など多方面に活躍中。イギリスに音楽留学していた本格派。著書に『ヒップホップコリア』。



Sponsored Link

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加

Sponsored Link