Jay Parkがアメリカ人アーティストKYLEのトラック『Playinwitme (Remix)』にフィーチャリング

Written By soulitude

2017年にRoc Nationと契約し、2018年5月に『Soju』で本格的にアメリカ進出を果たしたJay Parkが、アメリカのアーティストKYLE(カイル)のトラック『Playinwitme (Remix)』にフィーチャリングで参加したことが発表されました。トラックがリリースされた1月8日はKYLEにとって初めての韓国公演が開かれたので、それに合わせてリリースされたことになります。

[Official Audio] KYLE – Playinwitme (Remix) (Feat. Jay Park)

 

現在25歳のKYLEは、今大きな注目を集めているカリフォルニア出身の新鋭で、ラッパーだけでなく役者としても活動しています。2017年にLil Yachtyをフィーチャーしたシングル『iSpy』は4×Platinum(※)を獲得し、ビルボード・ラップ部門では1位を獲得しました。2018年にリリースした1stアルバム『Light of Mine』も好評を受けています。

※4×Platinum:アメリカのゴールドディスクの一種。RIAA(アメリカレコード協会)が認定する賞で、ゴールドディスク(50万枚)の上位にプラチナディスク(100万枚)、ダイヤモンドディスク(1,000万枚)がある(ダウンロードは10回で1枚の計上、ストリーミングは1500回再生で1枚の計上)。KYLEの『iSpy』は4×Platinumなので、400万枚に計上される

 [MV] KYLE – iSpy (Feat. Lil Yachty)

 

今回Jay Parkが参加したトラック『Playinwitme』のオリジナルは、R&BシンガーのKehlani(ケラーニ)をフィーチャリングに迎えたシングルで、こちらもRIAAによってゴールドディスクに認定されています。2017年に世界的なスマッシュヒットとなった『1-800-273-8255』で知られるLogic(ロジック)がKehlaniと共に参加したバージョンもあります。

Jay ParkとKYLEは2014年に知り合ったそうですが、そのエピソードがまた興味深いんです。まずはKYLEの仲間であるUgly(アグリー)が、Jay Parkのレーベルに所属しているラッパーUgly Duckと名前が似ていることからインターネット上で友だちになりました。その後、Ugly DuckがJay ParkにKYLEを紹介したことでこの2人も友だちになったということです。その頃からお互いコラボをしたいという意志があって、ついに今回の『Playinwitme (Remix)』が誕生したそうです。今はYouTubeとSoundCloudでしか公開されていませんが、近日中に各プラットフォームから配信される予定だということです。

リリース当日に開かれたKYLEの韓国公演には、PENOMECO、OLNL、SOMA、MOONがスペシャルゲストとして参加することがあらかじめ告知されていましたが、サプライズゲストとしてJay Parkが登場し、KYLEと共に『Playinwitme (Remix)』を披露しました。

実はこのKYLE、本日1月10日(木)に東京・渋谷で来日ライブを予定していましたが、「開催に必要な公的書類の紛失」を理由に中止されることが昨日発表されたところです。楽しみにしていた皆さんにとっては残念なお知らせですが、また次の機会に期待しましょう。

writersoulitude

ポピュラーミュージックを専門とするライター。日韓の両国で記事執筆、歌詞や記事の翻訳、音源の流通などの仕事をしている。多様なメディアを通じて日韓の音楽シーンの架け橋となるべく活動中。

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加