Single | Rhythm Power - 동성로 (ドンソンノ) (Feat. Crush)


最近CJ E&MとのM&Aが公表されたAmoeba Cultureに所属するRhythm Powerが、2曲入りのシングル『동성로 (ドンソンノ)』を11月22日に発表しました。

Rhythm Powerといえば、メンバーのHangzoo(ヘンジュ)が今年の『Show Me The Money』で見事に優勝を果たしましたね。最初にそれを知った時は「こんなベテランが優勝!?」と正直驚きましたが、Rhythm Powerはこれまで実力に見合った評価が得られてこなかったと思うので、「やっと来たか」とも感じました。

ところでドンソンノとは韓国の大邱(テグ)にある街で、ソウルでいうとホンデとか明洞のような繁華街だそうです。洋服屋やカフェなどが並び、大邱で一番人気のスポットだそうです。

そんな街の名前をタイトルに付した新曲『동성로 (ドンソンノ)』は、「今夜はドンソンノで楽しく遊ぼう」という3人の男のストーリーが描かれた作品ということです。GroovyRoomが手掛けた軽快なサウンドに、Rhythm Powerらしいポジティブなエネルギーが溢れるラップとCrushの爽やかなボーカルが重なります。ショートバージョンのミュージックビデオも公開されています。

 

2曲目には『집앞으로 갈게(家の前に行くよ)』が収録されています。この曲にはELOがフィーチャリングしていて、ちょっと大人な雰囲気のRhythm Powerを味わうことができます。ケンカをした恋人の家の前に行くというストーリーでしっとりと聞かせます。『동성로 (ドンソンノ)』のほうがかなりRhythm Powerらしいのに対して、こちらは全くらしくないというか、新しい姿を見せてくれています。

正反対のカラーを持つ2曲を同時に楽しむことのできる2曲入りのシングル『동성로(ドンソンノ)』は、日本ではSpotifyを通して視聴可能です。

 


 

Rhythm Power – 동성로 (東城路) のご視聴はこちらから

spotify

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者。イギリスでの音楽留学経験を生かした音楽的に深みのある記事が売り。独自スタイルのライブ企画、楽曲リリースのコーディネート、ライター活動、各種メディア出演など、韓国ヒップホップにおいて多方面に活躍中。著書に『ヒップホップコリア』。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link