JUSTHISがIndigo Musicに加入

Written By Sakiko Torii

最近「JUSTHISがとあるレーベルに加入することを決めた」というニュースが出ていました。公式発表を待つ間、どこに加入することになるのかファンたちが色々と予想していたのですが、本日Indigo Musicであることが発表されました。

Indigo Musicはこちらの記事『Swingsが新レーベル「Indigo Music」を設立』にある通り、ラッパーのSwingsが今年4月に設立したばかりのレーベルです。JUSTHISはすでに契約していたYoung BとKid Milliに続き、3人目の所属アーティストとなります。

JUSTHISが最終的に選択したレーベルとしては少々意外な感じもしましたが、よく考えてみたら『Buster Call Cypher』ではSwingsとYoung Bと共演していましたね。ミュージックビデオに字幕をつけましたので、まだ観ていない方はぜひ一度ご覧になってみてください。この曲の歌詞に出てくる言葉の解説などはこちらをご覧ください。

 

裏話ですが、JUSTHISは去年の今頃も某レーベルに入ろうとしていました(こういう裏情報が知れるのはBLOOMINT MUSICならではの醍醐味ですよ!笑)。それでもやはり最終的にはインディペンデントでやっていこうと決断してきたわけですが、ここにきて方針転換をしたのは結構驚きです。

今月17日にはインディペンデント・アーティストとして最後のアルバムとなる『2 MANY HOMES 4 1 KID: Instrumentals & Remixes』を出すとのことです。これは2016年6月にリリースされたアルバム『2 Many Homes 4 1 Kid』のインスト&リミックスのようですね。

私は個人的にJUSTHISのラップが大好きで、若手の中で一番注目しています。7年もの間インディペンデントでやってきたJUSTHISが、会社に所属することによってどんな風に発展していくのか楽しみに見守っていきたいと思います。

writerSakiko Torii

BLOOMINT MUSICの創設者および編集長。韓国ヒップホップ・キュレーターとして執筆、ライヴ主催、音源/MV制作サポート、メディア出演など多方面に活躍中。イギリスに音楽留学していた本格派。著書に『ヒップホップコリア』。

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加