Single | Dumbfoundead - 형 (ヒョン) (Feat. Dok2, Simon Dominic, Tiger JK)


お久しぶりの更新です。書きたい記事がものすごい勢いで溜まっているのに、他のことで忙しくて全然筆が進みません。この記事も途中まで書いた状態からしばらく寝かせていたら、この曲が含まれたミニアルバムが出てしまいました……。でもせっかく途中まで書いてたので、先にこの記事を完成させてアップします。

5月17日にDumbfoundeadのシングル『형(ヒョン)』がリリースされました。「형(ヒョン)」とは「お兄さん」という意味で、男性が年上の男性を呼ぶ時に使う敬称です(女性が年上の男性を呼ぶ時は「オッパ」)。タイトルの訳を「兄さん」とか「兄貴」にしようかと思ったんだけど、Dumbfoundeadのイメージに合わない気がしたのでそのまま「ヒョン」としました。

当サイトでDumbfoundeadについて一番詳しく書いた記事は「Album | Dumbfoundead – Old Boy Jon」ですね。あとは拙著『ヒップホップコリア』のP.168にDumbfoundeadのプロフィールページがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

さてさて、この新曲『형(ヒョン)』ですが、フィーチャリング陣が半端なく豪華なんですよ。なんてったって、Dok2、Simon Dominic、Tiger JKですよ! えらいこっちゃですね。この曲だけでギャラが何百万円になるんだろう……って下世話ですみません(笑)

ところでDumbfoundeadはこれまでアメリカのみで活動してきたのですが、今回のシングルが記念すべき韓国デビュー作となります。「형(ヒョン)」というのは、Dumbfoundeadが母国であるアメリカで初めて学んだ尊称語なんだそうです。真のリスペクトなのか、年齢だけが上でリスペクトを得ているのか、「형(ヒョン)」の意味を知らせたいというメッセージが込められているそうです。

 

なお、Dumbfoundeadは今回のシングルリリースに先立ち、「BORN CTZN」というレーベルを設立したそうです。 このような時代にで生まれ(BORN)、自然で多様な社会の市民(CTZN=Citizen)である」という意味だそうで、移民としてアメリカで生きてきたDumbfoundeadならではの名前ですね。BORN CTZNには、Dumbfoundeadの他に在米韓国人のラップデュオ「Year of Ox」が所属しているということです。

また後ほど時間を見つけてミニアルバムの記事も書くつもりですが、とにかく満を持して韓国デビューを果たしたDumbfoundeadから目が離せません!

 


 

Dumbfoundead – 형 (ヒョン) の視聴・ご購入はこちらから

itunes spotify

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者である鳥居咲子は、幼少期よりピアノと音楽理論を学び、ロンドンに音楽留学をした。現在は音楽記事の執筆、ライブ主催、楽曲リリースのコーディネート、メディア出演など、韓国ヒップホップに関する様々な活動を展開している。著書に『ヒップホップコリア』。音楽以外に関するネタを集めた趣味ブログ『BLOOMINT DIARY』も運営中。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link