Album | Junggigo - Across the Universe


3年近くに渡ってアルバムを出す、出すと言いながらなかなか出ず、長い間ファンをヤキモキさせてきたJunggigoが、ついに4月20日にアルバム『Across the Universe』をリリースしました。なんとキャリア15年にして、初のフルアルバムです!

2002年にアンダーグラウンドで活動を開始し、本当に長い年月マイペースに活動してきたJunggigo。2013年にメジャー芸能事務所のStarship Entertainmentと契約した時は多くのファンを驚かせました。そして2014年にはSISTARのSoYouとデュエットした『Some』が空前の大ヒット。一躍メジャー歌手となったJunggigoですが、待望のアルバムの出ないこと。出ないまま契約が終わっちゃうんじゃないかと心配するファンもいたほどです。なので今回ついに出て本当に喜ばしい限りですね。

今回アルバムをリリースするにあたり、ビジュアル面にも力を入れて10kgもダイエットしたそうです。元々痩せているイメージなのに、10kgも痩せて大丈夫なんでしょうか!

全11曲が収録された本アルバムには、過去にリリースされたシングル『일주일 247(1週間 247)』や『Hey Bae』なども含まれており、Junggigoのここ最近の活動の集大成と言えるでしょう。フィーチャリング陣にはZion.T、Crush、DEAN、Paloalto、EXOのチャニョル、Sik-Kなど旬どころが名を連ね、プロデューシングも『Fantasy』はGRAYとCrush、『1週間 247』はPeejayとKush、『Let Me Love You』はBrother Suなど人気プロデューサーの名前が目を引きます。Andupの作品でお馴染みのクルムも『Nocturne』と『Uh-Oh』を手掛けています。

トラックリストは以下の通りです。過去にシングルでリリースされた曲については、ミュージックビデオのリンクを曲名の横に貼っておきます。

01. 1322 (Intro)
02. Across the Universe
03. Fantasy
04. 일주일 247 (1週間 247) (Feat. Zion.T, Crush, DEAN) [MV]
05. Hey Bae (Feat. Paloalto) [MV]
06. Let Me Love You (Duet. チャニョル of EXO) [MV]
07. Girls (Feat. Sik-K)
08. Nocturne (夜想曲) [MV]
09. People Are Talking Noisily (Interlude)
10. Uh-Oh
11. 1201 (Outro)

 

アルバムのリリースと同時に、タイトル曲の『Across the Universe』のミュージックビデオが公開されました。軽快なビートとJunggigoの軽くて柔らかく吐き出される爽やかなボーカルが、涼しげな夜風を感じさせるロマンチックなチューンです。Junggigo自身は出演していませんが、横浜で撮影されてるのが嬉しいですね!

 

キャリア15年にして、ついにフルアルバムをリリースしたJunggigo。これまで歩んできた長い道のりを振り返りつつ、哀愁あるソフトなボーカルでいつまでも新鮮な魅力を見せてくれています。その変わらない存在感の高さに、今後も注目が集まること間違いなしですね。

アルバム『Across the Universe』は、日本でもiTunes、Amazon、Spotifyなどで購入、視聴が可能です。この下にリンクを貼っておくので、15年分のJunggigoの思いがたっぷりと詰まったアルバムを、ぜひじっくりと聴いてみてください。

 


 

Junggigo – Across the Universe のご購入はこちらから

itunes amazon-button-1 spotify

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者。イギリスでの音楽留学経験を生かした音楽的に深みのある記事が売り。独自スタイルのライブ企画、楽曲リリースのコーディネート、ライター活動、各種メディア出演など、韓国ヒップホップにおいて多方面に活躍中。著書に『ヒップホップコリア』。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link