Single | Owen Ovadoz – Yellow Iverson

Written By Sakiko Torii

Owen Ovadozが4月19日に新曲『Yellow Iverson』をリリースしました。

リリースと同時にミュージックビデオも公開されたのですが、髪の毛がずいぶん伸びましたねー。坊主の時のほうがイケメンに見えたような気もするような……?(笑)

 

ついついトラックよりも髪型が気になってしまい、どうでもいい個人的な感想を書いてしまいましたが、トラックもOwen Ovadozらしいスロービートにレイドバックするラップが心地いいですね。穏やかながらも重心のしっかりしたラップは、安定感を与えます。彼の所属するMKIT RAINはトラップビートの印象が強いですが、独自路線を貫くところはIllionaire RecordsのBeenzinoに通じる部分があるのではないでしょうか。

この曲はフックの言葉少ないメロディフロウが印象的ですが、リリックでは

俺は絶対に諦めない
俺はYellow 東洋の
俺はアメリカ野郎
黒い髪
俺はアイバーソン 東洋の

と言っています。タイトルが『Yellow Iverson(イエロー・アイバーソン)』とあることから分かるように、この曲はアメリカの元バスケットボール選手であるAllen Iverson(アレン・アイバーソン)からインスピレーションを受けて書かれたということです。

また、アメリカの新鋭ラッパーPost Malone(ポスト・マローン)の『White Iverson』という曲があるのですが、それに掛けてOwen Ovadozは自分自身を「Yellow(黄色人種、東洋)のアイバーソン」としているのではないかと思います。アメリカ出身なので「アメリカ野郎」としつつ。

ちなみに『White Iverson』はポスト・マローンにとってデビューシングルでしたが、YouTubeでミュージックビデオが再生回数2億回を超える大ヒットとなりました。念のため補足として、アレン・アイバーソンは黒人、ポスト・マローンは白人です。ポスト・マローンは自分のヘアスタイルを見て「白人のアイバーソン」と思ったそうです。

 

Owen Ovadozは最近Candid Creationというプロデューサーと作業をよくしているそうで、今回の『Yellow Iverson』もCandid Creationが手掛けています。Owen Ovadozの声やラップスタイルと相性が良さそうな感じがするので、今後出てくる曲にも期待ができますね。順調にいけば、5月にはフルアルバムが出るようです。

 


 

Owen Ovadoz – Yellow Iverson のご購入はこちらから

itunes

 

writerSakiko Torii

BLOOMINT MUSICの創設者および編集長。韓国ヒップホップ・キュレーターとして執筆、ライヴ主催、音源/MV制作サポート、メディア出演など多方面に活躍中。イギリスに音楽留学していた本格派。著書に『ヒップホップコリア』。

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加