Single | Ja Mezz - 17 (Feat. C Jamm)


Grandline Entertainment所属のJa Mezzが、Just Music所属のC Jammをフィーチャリングに迎えたニューシングル『17』を本日2月17日にリリースしました。Ja Mezzにとっては昨年8月にリリースした『Memento (Feat. The Quiett) 』以来、半年ぶりの新曲となります。

タイトルの『17』には、10代をフィリピンと中国で過ごしたJa Mezzが17歳だった時の話が盛り込まれています。国際的な環境で育ったJa MezzにはJamesというイングリッシュネームがあって、この曲の歌詞の中にも「James Kim was a problem kid (James Kimは問題児だった)」というラインがあります。Ja Mezz(ジャメズ)というラップネームは、このJames(ジェームズ)をもじったものなのです。

『17』はミュージックビデオも公開されています。芸術家肌の強いJa Mezzらしい、不思議な世界観を持った映像ですね。昔を回想している曲だからなのか、ちょっと古い感じの映像にしてあります。インディーズ・ムービーを観ているような印象です。

 


 

Ja Mezz – 17 (Feat. C Jamm) のご購入はこちらから

itunes

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者である鳥居咲子は、幼少期よりピアノと音楽理論を学び、ロンドンに音楽留学をした。現在は音楽記事の執筆、ライブ主催、楽曲リリースのコーディネート、メディア出演など、韓国ヒップホップに関する様々な活動を展開している。著書に『ヒップホップコリア』。音楽以外に関するネタを集めた趣味ブログ『BLOOMINT DIARY』も運営中。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link