Diary | TBSラジオ『菊地成孔の粋な夜電波』に出演しました⑥


関連記事

 

2016年11月18日の深夜0:00(11月19日に日付が変わった瞬間の0:00)、またまたTBSラジオ『菊地成孔の粋な夜電波』に出演しました。前回の出演から1か月半くらいですかね。こんなに短いスパンで出させていただいたのは初めてなのですが、こうして頻繁に素晴らしい機会をいただけてとてもありがたいです。

今回はいつもの『韓流最高会議』でもなく、前回出た『ソウルBAR<菊>』でもなく、レギュラーコーナー『4H(フォーエイチ:Holy Hip Hop Hour)』への出演でした。

今回の『4H』はいつもとは一味違う『4HK(フォーエイチケイ:Holy Hip Hop Hour Korea)』と題して、韓国ヒップホップの特集ということだったので、ありがたいことに全曲を私が選曲させていただきました。『4H』のレギュラーであるSimi LabのOMSBさんと、Moe and GhostsのMoeさんとご一緒に、いつもの菊地さんのウィットに富んだトークを聞きながら韓国ヒップホップをかけるという、とても贅沢な時間でした。

img_7227-533x400
初めて菊地さんの隣りに座りました。恐れ多い……
 

オープニングでは菊地さん、OMSBさん、Moeさんの3人によるラップを披露。「韓国」をテーマに3人でラップリレーをしました。本番前に一度合わせた時、ビートのピッチを下げることになったのですが、新たなテンポに合わせてリリックを丸ごと変えたOMSBさん、さすがだと思いました。

先ほども書いたように、今回は私が全曲を選曲したのですが、まさか『菊地成孔の粋な夜電波』で、60分丸々私が選曲した曲を流す日が来るなんて、私もずいぶんと出世したものです(笑) 心の中では「本当にいいんですか?」と自信のなさが溢れていたのですが、ここまで来たらやるしかないですからね。渾身の7曲を選んできました!

実は予備も兼ねて15曲ほど用意していったのですが、収録開始の直前に7曲まで絞りました。私はこれまで『ヒップホップコリア』の執筆、『DOMMUNE』への出演、『Little Hongdae Cafe』のホストなどを務める中で選曲をたくさんしてきましたが、毎回選曲のポイントは大きく異なります。

『ヒップホップコリア』では、そのアーティストの特性を視覚的に一発で認識できるよう、ミュージックビデオがある曲。あるいは、そのアーティストらしさがよく表れている曲。複数の曲を紹介したアーティストについては、曲によって違うスタイルが感じられるよう選びました。

『DOMMUNE』では、『ヒップホップコリア』で紹介した曲を基準にしつつ、様々なジャンルの音楽をこよなく愛する音楽ファンの方が観ている番組だという特質上、音楽性に幅を持たせるよう選びました。あと、韓国ヒップホップを全然知らない人がたまたま観ているという可能性が高いので、イントロダクションという意味で比較的ベタなものから選んだりもしました。

『Little Hongdae Cafe』では、韓国ヒップホップが好きな人しか聴いていないだろうということから、シングルよりもアルバムの中から隠れた名曲を選んだり、もっと純粋に自分が好きな曲から選ぶ傾向にありましたね。マニアの方も満足させられるように、なるべくマニアックにしてみたり(笑)

img_7438-533x400
OMSBさん、置いてあったお茶ほとんど飲み干してました(笑)
 

で、『粋な夜電波』なんですけど、『韓流最高会議』の時も同じなんですが、やはりこの番組のリスナー層や菊地成孔さんのファン層というものを意識しています。ジャジーなものとか、R&Bやソウル感が強いトラックを一曲は入れるようにしたり、とにかくクオリティの高いものから選んだり、アメリカの有名アーティストが絡んでるものを選んだり、サウンド的に新しいもの、おもしろみのあるものなどを選んだり。

今回は特に初めての『4H』への参加だったので、『韓流最高会議』とはリスナー層が違う可能性がありますし、「韓国ヒップホップシーンのアーティストとして基本中の基本」という人を選びつつ、トラップ、R&B、ジャジー、オールドスクールなどバラエティを持たせるように選びました。かつ、完成度の高い曲。お聴きになった方、どうでしたか? 気に入っていただけましたか?

img_74291-533x400
『ヒップホップコリア』の宣伝にご協力くださる皆さん
 

今回の収録で一番嬉しかったことは、曲をかけるたびに菊地さんがものすごく良い反応を見せてくださったことです。オンエアでは曲をかけた瞬間にマイクがオフになっていますが、実際の収録の時は、曲がかっこよすぎて思わず笑っちゃう菊地さんっていうのを何度も拝むことができて嬉しかったです。

しかも収録が終わった途端、菊地さんは私が用意していったCD-Rを「もらってもいいですか?」って言ってくださったのです! 私が「もちろんです!」と答えると、「やった!」と言ってカバンにしまってくださって、選曲者冥利に尽きる思いでした。

この日の内容は、お馴染み miyearnZZ様 が書き起こしてくださっています。オンエアを聴き逃した方、聴いたけどもう一回復習したい方などは、ぜひ下記のリンク先から書き起こし原稿をご確認くださいませ。

菊地成孔・ヴィヴィアン・OMSB・MOE 韓国ヒップホップを語る

それからこの日オンエアされた曲のセットリストは、TBSラジオの公式ページにも載っています。下記リンク先をご参照ください。この記事に載せた写真以外もたくさん載っていますよ! 曲の購入先リンクや恒例菊地さんのファッションチェックなども載ってますので、ぜひ一度覗いてみてください!

http://www.tbsradio.jp/93196

 


 

※画像はすべてTBSラジオの公式ページよりお借りしました。著作権はすべてTBSラジオおよび『菊地成孔の粋な夜電波』に帰属します。

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者である鳥居咲子は、幼少期よりピアノと音楽理論を学び、ロンドンに音楽留学をした。現在は音楽記事の執筆、ライブ主催、楽曲リリースのコーディネート、メディア出演など、韓国ヒップホップに関する様々な活動を展開している。著書に『ヒップホップコリア』。音楽以外に関するネタを集めた趣味ブログ『BLOOMINT DIARY』も運営中。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link