Album | Swings - 감정기복Ⅱ (感情の起伏Ⅱ) Part.3: 심리치료 (心理療法)


swings-mood-swings-ii-part-3-psychotherapy

約一か月ほど前のニュースを遅ればせながらお伝えしますが、Swingsが2008年から発表している감정기복(感情の起伏)シリーズを今年9月に完結させました。

2008年にアルバム『감정기복(感情の起伏)』を発表したことを皮切りに、2014年には『감정기복Ⅱ(感情の起伏Ⅱ)』として『Part.1: 주요 우울증(大うつ病)』、そして『Part.2: 강박증(強迫性障害)』の二作を発表しました。そして今回、2年ぶりに最終作となる『Part.3: 심리치료(心理療法)』を発表し、三部作を完成させました。

最終作のタイトルが「心理療法」となっていることから、精神的な病を癒していくという流れに収束させているのでしょうか。いろいろとお騒がせな面が多いことも否めないSwingsですが、韓国ヒップホップシーン全体の中で比較してもとても才能の高い方なので、どうか心身ともに健やかに活動を続けていってほしいと願っています。

しかしSwingsって本当にアルバム量産型ですよね。過去一年間で、ミックステープも含めるとアルバム四作目ですもんね。『ヒップホップコリア』のP.133を見ていただくと分かると思いますが、とにかくアルバムのリリースの量の多さ、そして頻度の高さが半端ないです。ちなみにこの一年の間に出した他のアルバムは次の三作です。

新作『감정기복Ⅱ(感情の起伏Ⅱ) Part.3: 심리치료(心理療法)』のトラックリストは以下の通りです。

01. 뜨뜨 (Doo Doo)
02. On My Way (Feat. GRAY & BewhY)
03. 24
04. Your Soul
05. 육지담 (ユク・ジダム)
06. 노답 (No Answer)
07. More

5曲目のタイトルが目を引きますが、ユク・ジダムに対するディスではありません。Swingsっていうと、どうしてもすぐディスしてるんじゃないかと疑ってしまいますが(笑) この曲は自分が年をとっていくことに対するネガティブな感情を描いた曲で、偶然ユク・ジダムに会ったら「20歳になった」と言われて、つくづく自分が年をとったと感じさせられた、という内容のものです。Swingsはユク・ジダムのことを「尊大な態度が僕と似ている」と良い意味で(?)高く評価しているそうですね。

 


 

Swings – 감정기복2 (感情の起伏2) Part.3: 심리치료 (心理療法) のご購入はこちらから

itunes

 

(※参考:Swings – 감정기복2 (感情の起伏2) Part.1: 주요 우울증 (大うつ病) のご購入はこちらから)

itunes

 

(※参考:Swings – 감정기복2 (感情の起伏2) Part.2: 강박증 (強迫性障害) のご購入はこちらから)

itunes

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者。イギリスでの音楽留学経験を生かした音楽的に深みのある記事が売り。独自スタイルのライブ企画、楽曲リリースのコーディネート、ライター活動、各種メディア出演など、韓国ヒップホップにおいて多方面に活躍中。著書に『ヒップホップコリア』。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link