Deluxe Single | Punchnello - LIME


punchnello-lime

Epik HighのTabloがYG Entertainmentの傘下に設立したレーベル、HIGHGRND(ハイグラウンド)。そこに所属しているラッパーのPunchnello(パンチネッロ)が、3曲入りのデラックスシングル『LIME』を9月8日にリリースしました。

PunchnelloはDEANやCrushが所属する新鋭クルー、clubeskimo(クラブエスキモー)のメンバーでもあり、タイトル曲の『CORONA』にはCrushがフィーチャリングしています。また3曲すべてをクルーメイトのMillicがプロデュースしたということです。

『CORONA』はミュージックビデオも公開されていますので、どうぞこちらをご覧ください。

『LIME』はPunchnelloにとってのデビューシングルとなりますが、HIGHGRNDやclubeskimoに所属しているということ、それから今年4月にリリースされた『EUNG FREESTYLE』という曲(下記YouTube参照)にも参加していたということから、すでに韓国ヒップホップシーンではそれなりの知名度を誇っているラッパーで、デビューシングルとは思えないほどの注目度です。

っていうかPnchnelloは1997年生まれの19歳だということで、とどまることのない韓国ヒップホップシーンの若年化と言いますか、世代交代と言いますか、主に30代のラッパーたちを応援している私にとってはだんだん肩身が狭くなる思いです(笑)

『LIME』のトラックリストは以下の通りです。

01. LIME
02. CORONA (Feat. Crush)
03. GREEN HORIZON

本作『LIME』のリリースに際して『HIPHOPLE』にPunchnelloのインタビューが出ていまして、その中で収録曲について簡単に説明してくれています。それによると1曲目の『LIME』は、Punchnelloがうまくいっていることを妬む人たちに悪口を言われて最初は悩んだけど、そんな人たちのことは気にしないで自分がやるべきことをやるだけだという話が込められているそうです。

また『CORONA』は音楽的な話や自分の将来の話が書かれているそうです。皆既日食の時に太陽の周りに散乱する光のことをコロナといいますが、月に隠されたPunchnelloの暗い部分に対してこの曲で表現する姿をコロナに例えているそうです。

3曲目に収録されている『GREEN HORIZON』は、自分なりに大変な仕事を乗り越えて今の位置に辿り着いたから、これを聴いている人だって同じようにできないはずはないといったメッセージが込められているそうです。Punchnelloにとっては、この曲が一番聴いてほしい曲だそうです。

iTunesで絶賛発売中ですので、気になる方はぜひダウンロードを!

 


 

Punchnello – LIME のご購入はこちらから

itunes

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者である鳥居咲子は、幼少期よりピアノと音楽理論を学び、ロンドンに音楽留学をした。現在は音楽記事の執筆、ライブ主催、楽曲リリースのコーディネート、メディア出演など、韓国ヒップホップに関する様々な活動を展開している。著書に『ヒップホップコリア』。音楽以外に関するネタを集めた趣味ブログ『BLOOMINT DIARY』も運営中。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link