Diary | 『ヒップホップコリア』のプレイリストを作りました


関連記事

 

おかげさまで話題沸騰中の『ヒップホップコリア』。Amazonでは在庫が残り少なくなったり、再入荷されたり、せわしない様子です。BLOOMINT MUSIC STOREでも先行販売が半日で完売し、再入荷した分も残り少なくなってきています。ご購入いただいた皆様、本当にありがとうございます。

ツイッターに投稿された感想は、すべて拝見しております。インスタグラムにもたくさんの方が投稿してくださっていて、嬉々として「いいね」を押して回っています。皆さまには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今回は『ヒップホップコリア』を買ってくださった皆様にさらに楽しんでいただけるよう、アーティスト紹介ページに掲載されている楽曲レビュー全113曲のプレイリストをYouTubeで作ってみました。曲は本に掲載されている順番通りに並んでいます。

『ヒップホップコリア』内の楽曲レビューは、曲の単純なレビューだけにとどまらず、その曲やミュージックビデオを制作した時の秘話、その曲に込められているメッセージなどといった情報も載っていますので、ぜひ『ヒップホップコリア』を片手にこのプレイリストをご覧になってください。

…… え?

まだ『ヒップホップコリア』を買ってない!?

そんなあなたも、このプレイリストを再生したら、たちまち『ヒップホップコリア』を買いたくなってしまうはず。この曲のエピソードが知りたい! この曲のレビューを読んでみたい! ついでにこのアーティストの詳しいプロフィールも知りたい! そんな風に思わせてしまう、かっこいい曲が次々に再生されるからです。

すでに『ヒップホップコリア』を読了後の方も、このプレイリストを再生しながら「ふむふむ、なるほど。ここに書いてあるのはこの部分のことか」って感じで改めて1ページ目から読み直していただけると嬉しいです。

1曲目から113曲目まで自動再生されますので、お料理中とか、勉強中とか、友達とLINEしてる時とか、別の本を読んでる時とか、様々なタイミングで楽しんでいただけるのではないかと思います。「韓国ヒップホップ SAKIKO’s MIX」とでも思って楽しんでいただければ!

で、ついでにPaloalto、Huckleberry P、Reddy、Evoの曲を聴きながら、Hi-Lite Recordsの来日ライブに行こうかどうか迷ってた人たちが、やっぱり行きたくなっちゃうってパターンです。よろしくお願いいたします。

 

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者。イギリスでの音楽留学経験を生かした音楽的に深みのある記事が売り。独自スタイルのライブ企画、楽曲リリースのコーディネート、ライター活動、各種メディア出演など、韓国ヒップホップにおいて多方面に活躍中。著書に『ヒップホップコリア』。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link