Single | Born Kim - Vibe of My Life (Feat. DJ Noah)


vibeofmylife

Speaking TrumpetクルーのメンバーであるラッパーのBorn Kimが、8月16日にニューシングル『Vibe of My Life』を発表しました。iTunesではまだ見当たらないので日本でも購入できるか分からないのですが、とりあえずミュージックビデオが出ているのでそれを楽しませていただこうと思います。iTunesが出たら、このページでお知らせします。

Born Kimは、2000年に「Born Slang」というデュオで活動を開始したベテランです。Born Slangがラップ・フェスティバルでグランプリを獲得したことを機に、クラブ「Masterplan」で活動を繰り広げるようになりました。Masterplanについては、拙著『ヒップホップコリア』の中で結構詳しく説明しているので、良かったら読んでみてください!


ヒップホップコリア: 韓国語ラップ読本

 

そんなBorn Kim、実はライブで2回来日しています。最初は2013年の不汗黨(ブランダン)クルーのライブにゲスト出演しました。そして2回目は2015年のSpeaking Trumpetのライブです。不汗黨のライブに関しては、ライブレポとファンミーティングのレポを書いてあるので、読んでいただけると嬉しいです。

 

では、本題の『Vibe of My Life』に入りたいと思います。

この曲は、Born Kimがラッパーとして生きていた人生の中で、最高の瞬間の記憶を振り返った曲だそうです。プロデューサーにはPe2ny(ペニー)を迎えています。Pe2nyの紹介も『ヒップホップコリア』に少しだけ載せていますが、この方もMasterplanで活躍したベテランです。洗練された音楽を作る方で、過去にはEpik Highにも数多くの楽曲を提供してきました。

『Vibe of My Life』は「いかにもPe2nyらしい!」っていうサウンドではなく、かなりイーストコースト・ヒップホップなサウンドですね。いつものPe2nyは、こういったマイナーコードの曲を手掛ける場合でも、ストリングスが豊富だったりとか、どことなくドラマチックなサウンド作りをするイメージです。それに対してこの『Vibe of My Life』は乾いたサウンドで、Pe2nyとしてはちょっと新鮮な感じがします。

それからフィーチャリング・アーティストとして、ジャズバンド「Kuma Park」のメンバーとしても活動中のDJ Noahがスクラッチで曲に色を添えています。Kuma Parkはジャズバンドと言ってもヒップホップのカラーが強いバンドで、PaloaltoやCrushなどとのコラボも多数経験しています。DJ Noahは不汗黨とも親しい方で、Born KimにPe2nyに、韓国のヒップホップ第一世代の繋がりの深さが見えますね。

Born Kimのアルバムは、当サイトが運営するBLOOMINT MUSIC STOREでも取り扱っています。クオリティの高さとしては間違いないアルバムです。日本の韓国ヒップホップファンの間では知名度もあまり高くないですし、アルバムにご興味のない方も多いかもしれませんが、騙されたと思って一度聴いてみてください。かなりお勧めですよ~!

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者。イギリスでの音楽留学経験を生かした音楽的に深みのある記事が売り。独自スタイルのライブ企画、楽曲リリースのコーディネート、ライター活動、各種メディア出演など、韓国ヒップホップにおいて多方面に活躍中。著書に『ヒップホップコリア』。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link