Topic | Kebeeが日本のアルバム『創 -sou- Vol.1』に参加


sou_leeayur

私のほうでちゃんと連携が取れていなくて、かなりお知らせするのが遅くなってしまいました。実は数か月前にリリースされたアルバムの話なのですが、不汗黨、Speaking Trumpet、Eluphantのメンバーであり、BrandNew Musicに所属するラッパーのKebeeが、日本のアルバムに参加しました。

いきさつとしては、私がいつもお世話になっております日本のヒップホップレーベル「GOON TRAX」の代表を務める寿福さんからの依頼により、Kebeeをコーディネートしたというものです。寿福さんは様々なレーベルを手掛けている方で、このアルバムはGOON TRAXではなく別のレーベルからリリースされています。

今回Kebeeが参加したアルバム『創 -sou- Vol.1』は、女流ピアニスト/コンポーザーのLee Ayur(リー・アユール)の作品です。Lee Ayurは、ジャンルを超えた実験的なスタイルで音楽を構築するタイプのアーティストで、日本的な「間」の感覚や流麗な曲調は、アナログとデジタルを行き来するアーティスティックな音使いと共に各方面から高い評価を得ています。

Shing02やKebeeなど、アジアを代表する実力派ミュージシャンが参加した7曲入りの本作は、言語や文化を越えて7つの物語を紡いでいます。Shing02と言えば、知る人ぞ知るジャジーヒップホップの代表格ラッパーですが、Kebeeを始めとするSpeaking Trumpetのメンバーは、若い頃Shing02に憧れていたという人も多いんです。Nujabesの作品に数多く参加していた人と言えば、分かる人も多いかもしれませんね。

Kebeeが参加したのは4曲目に収録されている『啼 -naku-』という曲で、iTunesでも視聴できるので、ぜひ一度聴いてみてほしいのですが、かーなーりーかっこいいです。どことなくエスニックさを感じる流麗で重厚なサウンドに、Kebeeの感情の込められたラップが最高にマッチしてます。

曲のコンセプトに沿ってKebeeが歌詞を書いたのですが、このコンセプトというのがすごく抽象的かつ限定的で、ここからこの歌詞を書きあげたKebeeの才能はさすがとしか言いようがありません。とにかく視聴をしてみてください。がんばって日本語でもラップしてくれているのでー!

トラックリストは以下の通りです。

01. 馳 -haseru-
02. 翔 -kakeru- (Feat. Kharisma)
03. 巡 -meguru- (Feat. Shing02)
04. 啼 -naku- (Feat. Kebee)
05. 詠 -yomu-
06. 煌 -kirameku- (Feat. Kan Sano)
07. 結 -musubu- (Feat. Ahingsa, Buff-Low, SirNot & P9d)

 


 

Lee Ayur  『創 -sou- Vol.1』 のご購入はこちらから

itunes amazon-button-1

 

Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者である鳥居咲子は、幼少期よりピアノと音楽理論を学び、ロンドンに音楽留学をした。現在は音楽記事の執筆、ライブ主催、楽曲リリースのコーディネート、メディア出演など、韓国ヒップホップに関する様々な活動を展開している。著書に『ヒップホップコリア』。音楽以外に関するネタを集めた趣味ブログ『BLOOMINT DIARY』も運営中。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link