Movie | FLOW BLOW - Ep.1 EX8ER


ストリートブランドのChauffer(チャウファー)とフォトグラファー・クルーのKICK&SNAPがライブビデオ・シリーズ『FLOW BLOW』の制作を始めました。『FLOW BLOW』は通常のライブ映像とは違ってタテ方向の映像で作られており、韓国ヒップホップシーンで活躍する7人のラッパーが出演する予定だということです。

1人目に選ばれたのは、Cream Villaクルーのメンバーとしても知られるEX8ER(イクスエイラー)です。映像をご覧になれば分かると思いますが、本当に、本当に、本当にうまい! かっこいいですね! Cream Villaのアルバム『In The Village』も素晴らしいですよ。良かったらこちらの記事に収録曲や購入先リンクなどが貼ってあるのでご覧ください。

『FLOW BLOW』のコンセプトは「メディアが浸食してしまった韓国ヒップホップシーンに、反則的な方法で韓国ヒップホップの本当のかっこよさを見せる流れを受け継ぐ」というもので、これは恐らく『Show Me The Money』に対抗(反発?)したものではないかと思います。

5月13日より放送開始となった『Show Me The Money』のシーズン5は、去年のシーズン4に比べてプロデューサーたちにも華があり、挑戦者たちもバラエティに富んでいて、編集も一層エンタメ的になっていて、バラエティ番組という見方をすればなかなか面白くなっています。しかし「これが韓国ヒップホップの真の姿です」と言われると、絶対に「NO」ですね。韓国ヒップホップの「一面」であることは間違いないけど、「すべて」ではない。だけどテレビの影響力とは本当に大きいもので、これがすべてだと思わせてしまう力があります。そこに危惧を感じるアーティストたちが多いのも事実です。

私は2009~2010年に公開されたフリースタイル・ラップ映像シリーズの『MIC SWAGGER』が大好きで、ラッパーたちが見せてくれるフリースタイル・ラップがとても楽しいです。『Show Me The Money』のようにラッパーたちの背景にあるドラマなどは演出されてないので、そういう観点での面白さはないですが、単純に楽しくラップをしている姿を観て、観ているこちらも楽しくなるという感じですね。

『Show Me The Money』ではラッパーの人物像を知ることができたり、ラッパー同士のやり取りを見ることができたりする点で面白いと思います。一方で『MIC SWAGGER』や『FLOW BLOW』では、純粋にラップのかっこよさや魅力を味わうことができるので、人物よりもラップそのものに興味がある人にはこちらのほうが楽しめるのではないかと思います。

↓ 『MIC SWAGGER』の再生リスト。なぜか順番が逆ですが、最終回の第23遍から始まり自動再生で全話観ることができます

Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者である鳥居咲子は、幼少期よりピアノと音楽理論を学び、ロンドンに音楽留学をした。現在は音楽記事の執筆、ライブ主催、楽曲リリースのコーディネート、メディア出演など、韓国ヒップホップに関する様々な活動を展開している。著書に『ヒップホップコリア』。音楽以外に関するネタを集めた趣味ブログ『BLOOMINT DIARY』も運営中。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link