MV | Jerry.k – #MicTwitter

Written By Sakiko Torii

最近Jerry.kの記事が多いですが、たくさんミュージックビデオが出てくるので仕方ない。決してJerry.kの回し者ではありません。ただ、私が猛烈にイチオシしたいラッパーであることは間違いないです。

Jerry.kのニューアルバム『감정노동(感情労働)』が3月15日にリリースされ、『縮地法』、『Call Center』に続いてアルバムから3つ目のミュージックビデオが公開されました。

今回公開されたのは、アルバムの2曲目に収録された『#MicTwitter』という曲です。スマホで縦のまま観ると最適というミュージックビデオは最近少しずつ見かけるようになりましたが、今回のビデオは本当に絶対にスマホで観たい! というものです。Twitterアプリを起動するところから始まり、ツイートを投稿するという形でラップに合わせて歌詞を入力していくのがおもしろい。発想力が豊かですよね。

私がJerry.kをイチオシしている理由は、こういう部分にあります。政治や社会問題に関する歌詞が多く、自分の考えを伝える力に長けているところ。ラップでの言葉遊びを大事にしているところ。『Show Me The Money』を含む最近の韓国ヒップホップシーンに対する意見を明確に持ち、それがブレないところ。流行に流されず自分らしい音楽をやり続けるところ。新しいアイディアを取り入れながら常に発展しているところ。

メジャーシーンは売れることが大事なので似たり寄ったりの曲が次々に出てくるのはある意味当然なのですが、アンダーグラウンドのおもしろさって多様性にあると思うんです。最近は韓国のアンダーグラウンド・ヒップホップもちょっとオリジナリティがなくなってきている気がしています。そんな中、Jerry.kをはじめとするいくつかのラッパーたちには、「この人ならでは」の音楽を出し続けていってくれることを願います。

 


 

Jerry.k – 감정노동(感情労働)のご購入はこちらから

itunes amazon-button-1

 

writerSakiko Torii

BLOOMINT MUSICの創設者および編集長。韓国ヒップホップ・キュレーターとして執筆、ライヴ主催、音源/MV制作サポート、メディア出演など多方面に活躍中。イギリスに音楽留学していた本格派。著書に『ヒップホップコリア』。

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加