MV | GROSTO – 졸업반 (卒業するクラス) (Feat. Hoody) x Sade Night

Written By Sakiko Torii

先月アルバム『Daily Food』をリリースしたGROSTOが、アルバム収録曲の『졸업반(卒業するクラス)』と『Sade Night』のミュージックビデオを一本にまとめた映像を公開しました。アルバムがリリースされたときの記事はこちらをご覧ください。

2曲ともGROSTOのメンバーであるLoky Beatzがプロデュースを手掛けており、『졸업반(卒業するクラス)』のほうはCoke Jazzがギターをシンセサイザーをプレイしています。

また、『졸업반(卒業するクラス)』にはAOMGのHoodyがフィーチャリングしています。Hoodyは元々Kirinと仲良しで、Kirinの曲に度々フィーチャリングしていますが、この曲もどこかKirinっぽさを感じますね。アルバムにはKirinがフィーチャリングしている曲『Closer Than a Friend』も入ってるし。

GROSTOとはGrocery Storeの略で、食料品店という意味です。アルバムのタイトル『Daily Food』も日常の食品という意味で、ジャケットも食料品店のようなイラストですね。

20160118_145310332339

なぜ食料品店というチーム名にしたのかというと、アメリカのミュージシャンJ Dillaが音楽を料理に例えて表現したアルバム『Donuts』からアイディアを得たそうです。ちなみにこの『Donuts』というアルバムは、かねてより病いに苦しんでいたJ Dillaが32歳という若さで亡くなったわずか3日前の2006年2月7日にリリースされました。今からちょうど10年前ですね。

GROSTOの2人はそんな『Donuts』からアイディアを得て、食料品店に色とりどりのおいしい食べものが陳列されているように、自分たちも多様な音楽を作るという意味で名づけたそうです。メンバーのLoky BeatzとSmoothjamは2008年から音楽的な交流を続けてきたようですが、本格的にチームとして活動するようになったのは2013年だということです。

アルバムのジャケットを広げると、色々な仕掛けが施されているそうです。たとえば左のほうに車が描かれているのですが、ナンバープレートの「16 그 1989」というのは16がこのアルバムの発売年である2016の16、그が그로스토(GROSTOのハングル表記)の그、1989が2人の生まれ年だそうです。

下の写真は歌詞カードとステッカーですが、歌詞はご覧のように領収書のデザインで作られているようです。これは絶対にCDで欲しくなっちゃうやつですね。というわけで、私も遅ればせながらCDを注文してしまいました(笑)

Mgz_Sub_INT_20160121121820

↓ みんなこういう風に包まれてるのかしら? 届くのが楽しみすぎます!

12383632_1738386556384553_750662113_n

 


 

GROSTO (Grocery Store) – Daily Food のご購入はこちらから

itunes amazon-button-1

 

writerSakiko Torii

BLOOMINT MUSICの運営者。韓国ヒップホップ・キュレーターとして執筆、ライヴ主催、音源/MV制作サポート、メディア出演など多方面に活躍中。イギリスに音楽留学していた本格派。著書に『ヒップホップコリア』。



Sponsored Link

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加

Sponsored Link