Single | Reddy - 생각해 (考えろ) (Feat. Jay Park)


HI-LITE RECORDS所属のReddyが、シングル『생각해(考えろ)』を本日リリースしました。フィーチャリングにはスーパースターのJay Parkを迎え、ソウルを走るバスに広告を載せるなど、新曲のプロモーションにもかなりの力を入れていることがうかがえます。こういう投資ができるところは、やはりCJ E&Mと一緒にやることになった強みと言えるのでしょうか。

↓ バス広告(Credit: HI-LITE Twitter

CaMcy5kUcAE27kK

ところで昨年末、同じくHI-LITE所属のG2が出したシングル『식구(家族)』の記事を書いたとき、私は「Reddyが急にものすごくうまくなったような気がします(中略)2016年にはReddyの時代が来るのではないでしょうか!」と書いたのですが、偶然にも先日、HI-LITEの経営者であるCamo Starrさんが「今年はReddyの年になるといいな」とおっしゃっていて鳥肌でした。

実際に去年からReddyは周りからの細かいフィードバックをたくさん受け、たくさん練習したそうです。発声が軽くなって、自分らしい声質を生かしているところがとても良いですね。Reddyは20代半ばでラップを始めたという遅咲きなので(そのあとすぐにデビューしてるから、ある意味早咲き)、年齢の割にラップ歴が短いのですが、30歳を超えても周りのフィードバックを受けて進化する姿は本当に素敵だと思います。

元々のJay Parkとの知名度の差が、私の根拠のない概算によるとReddy:3万人、Jay Park:3000万人って感じなので、世間の関心がJay Parkに持っていかれないか心配しています。もちろんJay Parkの歌声がこの曲の魅力を倍増させているのも事実ですが、個人的には音でも映像でもReddyの存在感は負けていないと思います。以前まではこういうアーバンなスローテンポのR&Bが似合うラップをするイメージはなかったのですが、見事にスタイルの幅を広げましたね。

2016年はReddyの年になるのではないか、と改めて感じさせる一曲です。

 


 

Reddy – 생각해 (考えろ) (Feat. Jay Park) のご購入はこちらから

itunes

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者。イギリスでの音楽留学経験を生かした音楽的に深みのある記事が売り。独自スタイルのライブ企画、楽曲リリースのコーディネート、ライター活動、各種メディア出演など、韓国ヒップホップにおいて多方面に活躍中。著書に『ヒップホップコリア』。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link