Lyrics | Paloalto - Thank You and Sorry


Paloalto – Thank You and Sorry

作詞:Paloalto
作曲:B-Free
編曲:B-Free
日本語訳:SUIL, SAKIKO

서운한 게 있음 말해, 그냥 내 앞에서
残念に思うことがあるなら言え そのまま俺の前で

편 가르기인데, 왜 리얼인척
チームを分けるのか なんでリアルのふりをする

글 몇 자로 양아치 됐지, 난
一部の書き込みで 俺はチンピラにされていた

인스타 갱들, 비공개나 익명인걸
インスタギャングたちは 非公開か匿名だから

팬들 상처받는 모습을
ファンが傷付けられている様子を

더 이상 볼 수 없어, 시끄러운 병신 소수들
もうこれ以上は見てられない 少数のやかましいキチガイども

정도가 좀 지나쳐, 요즘은
最近ちょっとやりすぎだぜ

대면하지 못할 거면 떼라, 고추를
顔を合わせて言えないなら チンチンを外せ

Come Back Home 상관없어
Come Back Home どうでもいい
※Come Back Home:Keith Apeが米COMPLEXのインタビューで韓国のヒップホップを侮辱し、そのことを怒ったTakeOneがKeith Apeをディスした曲のタイトル

한국 힙합을 욕해도 상관없어
韓国のヒップホップを侮辱したって構わない

사랑한다면 자랑스럽게 행동해
愛してるなら 誇らしく行動しろ

이 새끼들은 말만 늘었네
こいつらは口数ばかり増えるね

쇼미더머니, 산이랑 나를
Show Me The Money SAN Eと俺を

갈라놓은 건 정작 사람들이라구
実際に引き離したのは 大衆だぜ

싸움구경을 난 보여주기 싫었네
ケンカを見せたくなかったんだ

근데 사람들은 그런 것만 이용해
でも大衆は いつもそういうことばかり利用する

뭘 해도 나를 욕 할 새끼들이
何をやっても俺の悪口を言うヤツらが

뭐라 뭐라 하니 그동안 내비뒀지
なんだかんだ言ってるから しばらくほっといた

래퍼면 랩으로 답을 하라니
ラッパーならラップで答えろって?

오해 있음 연락하던가 만나지
誤解があるなら 連絡するか会えばいいだろ

소설은 그만 써
小説を書くのはやめろ

그때 다 끝난 걸
あのときに全部終わったことだろ

현장에 없었던 사람이
現場にいなかった人間が

왜 나서, 입방정 그만 좀
なんで出しゃばる? 余計なことは言うな

정치, 정치, 어쩌구
政治、政治、なんとか

그래, 난 안 깨끗해
そうさ 俺のせいでもある

난 내 사람들 컨트롤 못 해
俺は仲間たちをコントロールできない

그리고 함부로 내게 못 해
そして俺には 勝手なことはできない

우린 군대가 아닌데
俺たちは軍隊じゃないから

누굴 가르치거나
誰かを指導したり

같은 생각을 가지게 안 하네
同じ考えを持たせることはしない

얘는 이게 싫고, 쟤는 이게 싫어도
こいつはこれがイヤで あいつはあれがイヤでも

우린 관여 않지, 그저 사랑해
俺たちは干渉しない ただ愛するだけ

그래, 팬들의 걱정은 이해 돼
ああ、そうさ ファンの心配は理解できる

HI-LITE, CJ E&M
HI-LITE, CJ E&M

난 5년간 좆같이 일했네
俺は5年間 苦労しながら働いた

걱정은 접어둬, 기대해
心配はせずに 期待してくれ

사랑 노래가 구린 게 아냐
恋愛の歌がダサいんじゃない

구린 노래가 구리단 말이야
ダサい歌がダサいんだ

힙합이네 어쩌네 하기 전에
ヒップホップだ何だと言う前に

퀄리티를 걱정해, 걱정해
クオリティーを気にしろ 気にしろ

이제는 일 안 해
これからは仕事はしない

음악만 하고 싶어
音楽だけやりたい

지금은 새로운 사람들이
今は新しい人たちが

회사 일 하고 있어
会社の仕事をやっている

초심 몇 개는 잃었어
初心の一部はなくなった

살아보니 몇 개가 틀려서
生きてる間 何度か間違って

식구들 위해 몇 개를 지웠어
家族のために いくつかなくした

그게 배신이면 내 CD 부숴버려
それが裏切りだと言うなら 俺のCDを叩き割れ

늘 사랑보다 미움이 빨라
いつだって 愛よりも憎しみが早い

모두에겐 각자의 기준이 달라
みんな基準はそれぞれ違う

다 내 마음 알아줄 순 없지, 뭐
誰もが俺の気持ちを 分かるはずもないからな

그래서 미친 듯이 욕을 먹는 거
だから狂ったように 悪口を言われた

하지만 지난 시간 내가 겪은 걸
だけど過ぎた時間の中で 俺が経験したことを

마치 아는 것처럼 자꾸 떠들면
まるで何もかも知ってるかのように騒ぐなら

나도 열이 받지, 이젠 멀리만치서
俺だって腹も立つさ もう遠くから

바라보기엔 멀리 갔지
眺めてるような状況は過ぎた

다구리 쳤다니, 난 좋게 풀려 했어
リンチしたって? 俺はうまく仲直りしようとした

사람들 말을 부풀려대서
人々がウワサを膨らませたから

전화했더니 걘 두렵댔어
電話をしたら 彼は怖いと言った

너처럼 나도 참 무력해져
君みたいに 俺も無力になっていく

상처 줬다면 미안해
傷つけたなら ごめんな

근데 난 이해 안 돼
だけど俺には理解できない

왜 사람들은 나한테
なんで人々は俺に

돌을 던져야만 해
石を投げるのか?

 


 

Paloaltoが2015年11月12日に発表した曲。この曲を発表した経緯についてはリリース時の記事にも簡単に書いてあります。また、『HIPHOPPLAYA Awards 2015』の結果発表の記事内に、その後の話をちょっとだけ書いています。6番目の「今年の曲」と13番目の「今年の歌詞/ヴァース」の解説部分をご覧ください。

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの編集長。各種メディアでの記事執筆、ライヴ主催、楽曲リリースのコーディネート、メディア出演など韓国ヒップホップにおいて多方面に活躍中。イギリス音楽留学経験を生かした音楽的に深みのある記事がウリ。著書に『ヒップホップコリア』。
Sponsored Link