Single | P-type - 시차적응 (時差適応)


ptype_timelag

11月9日にP-typeが新曲『시차적응(時差適応)』をリリースします。2曲が収録されているのですが、1曲目は『時差適応1』でフィーチャリングがnafla、2曲目は『時差適応2』でフィーチャリングがVerbal Jintです。同じ曲を違うラッパーとやったのかと思いきや、1のほうはプロデュースがKeeprootsで、2のほうはVerbal JintとLISHBEATSのようなので、違う曲なんですね。

naflaは、最近HIPHOPLEが制作したドキュメンタリー『KHILA – Korean Hiphop in LA』に登場してくるラッパーで、アメリカのロサンゼルスで活動しています。とてもおもしろいドキュメンタリーですので、ぜひご覧ください。KeeprootsはP-typeも所属している不汗黨クルーのメンバーですね。不汗黨の代表曲である『不汗黨歌』をプロデュースした人で、P-typeの『Love, Life Rap』『Timberland 6″』なども手掛けてきています。

Verbal Jintについての説明は不要ですね。BrandNew Musicの看板アーティストでもあるキング・オブ・フロウです。LISHBEATSはBrandNew Musicに所属しているプロデューサーで、San Eの『Body Language』を作った人です。

P-typeの意外に可愛らしい人柄を知るには、今からちょうど2年前に行われた不汗黨のファンミーティングのレポをご覧ください。

 


 

P-type – 시차적응 (時差適応) のご購入はこちらから

itunes

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者。イギリスでの音楽留学経験を生かした音楽的に深みのある記事が売り。独自スタイルのライブ企画、楽曲リリースのコーディネート、ライター活動、各種メディア出演など、韓国ヒップホップにおいて多方面に活躍中。著書に『ヒップホップコリア』。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link