MV | Zico – Boys and Girls (Feat. Babylon)

Written By Sakiko Torii

Zicoが本日11月3日、シングルアルバム『Part.1』を発表しました。先日リリースされた『말해 Yes or No(言ってよ Yes or No)』のほか、『Boys and Girls』と『날(俺を)』が収録されています。Zicoは作詞、作曲はもちろんのこと、アートディレクションまでも含めてトータルプロデュースをしたということです。

そして『Boys and Girls』のミュージックビデオも公開されました。この曲には、今をときめくR&BシンガーのBabylonがフィーチャリングしています。ものすごくグリルが似合ってない気がしますが、そこを除けば、曲のキャッチーさ、ミュージックビデオのサイケな色彩感、Zicoのラップ、Babylonのボーカルとダンスなど、すべての面でクオリティが高く、大衆性の高いエンターテインメント作品として逸品だと思います。グリルを除いて(しつこい)

個人的には『Part.1』に収録されている3曲の中では、ダントツで『날(俺を)』が好きです。フィーチャリングが、Zicoと同じBuckwildsクルーに所属しているJTONGなのですが、JTONGのラップが相変わらず狂気で半端なくかっこいいです。ビートもなかなかヘビーなサウス系で、ちょっとIllionaireっぽい感じです。Zicoは『Boys and Girls』のような大衆的な曲もやりこなすのに、『날(俺を)』のようなビートもやりこなすなんて、実に多才ですね。

 


 

Zico – Boys and Girls (Feat. Babylon) のご購入はこちらから

itunes

 

Zico – 날 (俺を) (Feat. JTONG) のご購入はこちらから

itunes

 

writerSakiko Torii

BLOOMINT MUSICの創設者および編集長。韓国ヒップホップ・キュレーターとして執筆、ライヴ主催、音源/MV制作サポート、メディア出演など多方面に活躍中。イギリスに音楽留学していた本格派。著書に『ヒップホップコリア』。

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加