Movie | KHILA – Korean Hiphop in LA


最近、韓国のアンダーグラウンド・ヒップホップシーンでは、LAで活躍する韓国系の若手ラッパーたちが大変注目されています。そのうちの1人、Loopyのミックステープ『KING LOOPY』がリリースされた時の記事『Mixtape | Loopy – KING LOOPY』でも軽く触れましたが、韓国のヒップホップ・マガジンHIPHOPLEが、そんな新鋭ラッパーたちのドキュメンタリー『KHILA – Korean Hiphop in LA』をFILAとMadholicの協力の下で制作しました。

日本語字幕は私が監修したのですが、これがまた結構なボリュームで、監修だけでも1話ごとに3時間ほどかかりました。歌詞の翻訳とは違って自然な話し言葉にしなければいけないし、一発で内容が理解できるように単語の選択も工夫しないといけないので大変でしたが、大変な分、とても楽しい作業でした。

全部で4部作となっているのですが、先日4作目の日本語字幕が完成しましたので、こちらで4作すべてをご紹介したいと思います。最後にはサイファー動画を観ることもできるので(サイファーは字幕なし)、そちらもどうぞお楽しみください。字幕が出ない場合は、YouTube画面の下のほうにある字幕アイコンを押してください。


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者である鳥居咲子は、幼少期よりピアノと音楽理論を学び、ロンドンに音楽留学をした。現在は音楽記事の執筆、ライブ主催、楽曲リリースのコーディネート、メディア出演など、韓国ヒップホップに関する様々な活動を展開している。著書に『ヒップホップコリア』。音楽以外に関するネタを集めた趣味ブログ『BLOOMINT DIARY』も運営中。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link