Single | Zion.T – No Make Up

Written By Sakiko Torii

本日10月12日、Amoeba Culture所属のZion.Tが新曲『No Make Up』をリリースしました。曲のタイトルを見て「あれ?」と思ったのですが、去年Dynamic DuoのGaekoがリリースしたソロアルバムに収録されている曲と同じタイトルですよね。そちらもZion.Tがフィーチャリングしているので、一瞬リメイクかと思いましたが全く違う曲でした。

Gaekoの『No Make Up』は、恋人未満の男女の駆け引きがテーマの曲です。彼女に会いたくて夜遅くに連絡をしたら「私もう化粧落としちゃった」と言われて、でもそれは彼女の駆け引きだったのに断られたと思ってすれ違うといったストーリーです。Zion.Tのほかに、HA:TFELT(Wonder Girlsのイェウンの別名)がフィーチャリングしています。

対して本日リリースされたZion.Tの『No Make Up』は、「化粧をした君もステキだけど、スッピンでそのままの君がどれだけ美しいか」という愛の言葉を繰り返す歌詞です。「鏡ばかり見てないで、体重も気にしないで、君はそのままがとても美しい」と歌うZion.Tの歌声とともに、ジャズピアニストであるユン・ソクチョルのピアノが優しく奏でられます。

この曲の作曲に携わったのは、最近YGの傘下でTeddyとレーベルを立ち上げることが話題になったKushと(参考記事:Topic | TeddyとKushがYGで独立レーベルを設立)ソ・ウォンジンです。Kushとソ・ウォンジンの組み合わせといえば、Zion.Tの『ヤンファ大橋』を手掛けた黄金チームですね。ソ・ウォンジンはBIGBANGの新曲『WE LIKE 2 PARTY』も手掛けていて、最近のAmoeba CultureとYGの濃いつながりをますます強く感じます。

Zion.Tは以前からずっとTeddyを憧れの人として挙げていて、いつか一緒にやりたいと言っていますが、それより先にTeddyの相方ともいえるKushと良いチームワークを形成したようですね。

 


 

Zion.T – No Make Up のご購入はこちらから

itunes

 

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加