Lyrics | TEAM - 소망 (希望)


korea2000

TEAM – 소망 (希望)

作詞:TEAM
作曲:ヤン・チャンイク
サンプル: “Over The Rainbow” written by Harold Arlen
日本語訳:SUIL, SAKIKO

그렇게나 생각이나
こんなにも思い出す

그 언제까지라도 난 기억하고 싶어
いつまでも俺は覚えておきたい

지난날엔 나의 학창시절과
過ぎし日の 俺の学生時代と

우리 함께 했던 수많은 추억
俺らが一緒に過ごした 数え切れない思い出

이렇게나 눈물이나
こんなにも泣ける

언제려나 볼 수 있을까 나의 친구들
いつ会えるかな 俺の友達

서로 울고 웃던 많은 얘기
一緒に泣いて 笑い合った たくさんの話

우리 TEAM 과 얘기해봐 난 난 난
俺らTEAMと話そう 俺 俺 俺は

지금 생각해보면 마냥 좋았던
今考えてみると ひたすら良かった

마냥 즐거웠던 나의 학창시절
ひたすら楽しかった 俺の学生時代

교생 선생님의 아름다운 미소
校長先生の 美しい微笑み

그 아래 발등위에 거울 달고
その下で 足の甲に鏡をつけて

치마자락에 목숨을 같이했던
スカートの裾に 命を懸けた

친구들과 나의 엉덩이를 도맡았던
友達と俺のケツを一手に引き受けた

학주의 몽둥이 나 나 나
先生のこん棒 俺を 俺を 俺を

모두들 항상 반창고라 불렀죠
みんないつも 絆創膏だと呼んでた

세월아 네월아 네월아 세월아 언제 종치나
時間よ 時間よ 時間よ いつチャイムは鳴る?

내 머리 반 미치나
俺の頭は半分狂ったか?

2교시가 끝나기만을 기다리는 가엾은 중생들
2時限が終わるのだけを待ってる 可哀想な学生たち

오늘도 고딩 중딩
今日も高校生 中学生

요기도 저기도 만원 버스에 실려서
あっちもこっちも満員 バスで運ばれて

고달픈 하루가 지나가지만
つらい1日が終わっていくけど

옆자리 앉은 그녀의 샴푸 향기 맡으며
隣に座ってる彼女のシャンプーの匂いを嗅ぎながら

미소속에 하루를 보냈었지 그랬었지
笑顔で1日を過ごしてた そうだったな

아- somewhere over the rainbow way up high
ああ 虹の彼方のどこか 空高くに

이젠- 소망을 안고 꿈꾸며 살아가-
これからは希望を抱いて 夢を見ながら生きてこう

 

TEAM 소망 그리고 희망
TEAM 願い そして希望

저 맑은 하늘 푸른 구름
あの晴れた空 青い雲

밝은 햇살속에 뒤로 또 내 어깨 너머로 있던
明るい日差しの向こうに 俺の肩の向こうにあった

그 아름답던 기억도 추억을 내 등에 업고
あの美しい記憶も 思い出も背負って

앞을 향해 내 꿈 그리고 소망
前に向かって 俺の夢 そして願い

그리고 희망을 향해 나 그려가
そして希望に向かって 俺は描いてく

반짝 반짝 작은 별같이 빛이 나시던
ピカピカ小さな星みたいに光ってた

우리 교장 선생님의 머리
うちの校長先生の頭

그 머리위에 파리가 앉으면 미끄러질까
その頭の上に ハエが座ったら滑るかな

걱정 반 장난 반 했던
心配半分 いたずら半分の

나의 친구들과의 아름다운 추억
俺の友達との美しい思い出

첫사랑과의 쓰디쓴 이별
初恋とのつらい別れ

그리고 내가 사랑했던
そして俺が愛した

모든 이와의 원치 않았던 작별
みんなとのつらい別れ

내 눈가에 어느새 눈물이 나요
俺の目には いつの間にか涙が出る

어제 오늘 내일 매일 교문 앞에선
昨日 今日 明日 いつも校門の前では

비가 오나 눈이 오나 나를 항상
雨が降っても 雪が降っても 俺をいつも

기다리던 그 무서운 킹콩을
待ってた あのキングコングを

피하려는 나의 고뇌와 노력
避けようとした 俺の工夫と努力

하지만 나는 항상 그 높은 턱을 넘지 못한채
だけど俺は いつもその高いハードルを越えずに

스포츠 머리의 인생을 살아가면서 알면서
坊主頭の人生を生きながら 知りながら

인생의 쓴맛을 맛봐야 했지
人生の苦味を味わうしかなかった

3년간을 아-
三年間を ああ

아- somewhere over the rainbow way up high
ああ 虹の彼方のどこか 空高くに

이젠- 소망을 안고 꿈꾸며 살아가-
これからは希望を抱いて 夢を見ながら生きてこう

아- somewhere over the rainbow way up high
ああ 虹の彼方のどこか 空高くに

이젠- 소망을 안고 꿈꾸며 살아가-
これからは希望を抱いて 夢を見ながら生きてこう

 

그렇게나 생각이나
こんなにも思い出す

그 언제까지라도 난 기억하고 싶어
いつまでも俺は覚えておきたい

지난날엔 나의 학창시절과
過ぎし日の 俺の学生時代と

우리 함께 했던 수많은 추억
俺らが一緒に過ごした 数え切れない思い出

이렇게나 눈물이나
こんなにも泣ける

언제려나 볼 수 있을까 나의 친구들
いつ会えるかな 俺の友達

서로 울고 웃던 많은 얘기
一緒に泣いて 笑い合った たくさんの話

우리 TEAM 과 얘기해봐
俺らTEAMと話そう

 

지금 그대와 함께 있는 건
今 君と一緒にいるのは

우리가 같이 공유했던 추억과
僕たちが一緒に分かち合った思い出と

앞으로 함께 할 작은 소망이 있기 때문입니다 –
これから一緒に抱くであろう 小さな希望があるからです

 


 

2000年にリリースされたオムニバム・アルバム『2000 대한민국(大韓民国)』に収録されたTEAMという4人組による曲で、現在は廃盤となっています。映画『オズの魔法使い』のテーマソングである『Over The Rainbow』をサンプリングした明るい曲です。私がホストを務める韓国ヒップホップ専門ラジオ『Little Hongdae Cafe』の第11回目『お勧めK-HIPHOP雑談スペシャル 前編』でこの曲について取り上げているので、ご興味のある方はぜひ聴いてみてください。

1999年にデビューしたTEAMのメンバーの1人であるユンゴンは、2001年、NaulとともにBrown Eyesというデュオを結成して成功を収めました。日本でも正式デビューを果たしているBrown Eyed Soulという大物グループがいますが、Brown Eyesはその前身となったデュオで、Naulが2003年に結成しました。NaulはTabloの『Airbag』のボーカルで知られている人ですね。


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの運営者。イギリスでの音楽留学経験を生かした音楽的に深みのある記事が売り。独自スタイルのライブ企画、楽曲リリースのコーディネート、ライター活動、各種メディア出演など、韓国ヒップホップにおいて多方面に活躍中。著書に『ヒップホップコリア』。別名ヴィヴィアン。
Sponsored Link