MV | Paloalto - Good Times 日本語字幕付き


HI-LITE RECORDSの設立者であり、社長であり、ラッパーであるPaloaltoが2014年にリリースしたEP『Cheers』に収録されている『Good Times』は、新鋭歌手のBabylonがフィーチャリングしている爽やかなポップチューンです。いかにもPaloaltoらしい、アーティストとしての信念を込めた歌詞がとても魅力的な一曲です。

Paloaltoの魅力はその低音ボイスにもありますが、やはり飾ることのない率直な歌詞ですよね。テーマも重すぎず、軽すぎず、自然体でブレない、そういった歌詞がPaloaltoの最大の魅力だと思います。そんなPaloaltoの魅力がたっぷり詰まった『Good Times』を、より一層楽しく聴くことができるのが、こちらの日本語字幕付きミュージックビデオです。

こちらのビデオは、韓国のNo.1ヒップホップマガジン、HIPHOPLEの字幕プロジェクトの一環として、レーベルに特別に許可をとって制作されました。そして日本語訳の監修は、当サイトの運営者である私、SAKIKOが担当しました。HIPHOPLEのスタッフであるsoulitudeさんが和訳のベースを行い、それを私が自然な日本語に直していくという作業です。

字幕を読みながら曲を聴くと、歌詞がスッと入ってくると思います。胸を張ってお勧めしたい動画ですので、たくさんの方に観ていただければ幸いです。

そして、できれば動画にいいねをしていただけると嬉しいです。再生回数も伸びると嬉しいです。なぜかと言うと、次回につなげていくためです。反響が大きければ今後もこういった機会が増えていきますので、たくさんのいいねをしていただけるとありがたいです。 下図の赤丸で囲ったところです。あれ? 低評価が一個ついてる(爆)

YTiine.jpg

 


 

Paloalto – Good Times のご購入はこちらから

itunes

 


Sakiko Torii
About Sakiko Torii
BLOOMINT MUSICの編集長。コラム執筆、ライヴ主催、楽曲リリースのコーディネート、メディア出演など韓国ヒップホップにおいて多方面に活躍中。イギリス音楽留学経験を生かした音楽的に深みのある記事がウリ。著書に『ヒップホップコリア』。
Sponsored Link