歌詞和訳/B-Free – My Team (Feat. Reddy, Okasian, Huckleberry P, Paloalto, Keith Ape)

Written By Sakiko Torii

B-Free – My Team (Feat. Reddy, Okasian, Huckleberry P, Paloalto, Keith Ape)

作詞:B-Free, Reddy, Okasian, Huckleberry P, Paloalto, Keith Ape
作曲:B-Free
編曲:B-Free
日本語訳:SAKIKO

 

[Keith Ape]

you know you can’t fuck with my team fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ なあ 俺のチームを

you know you can’t fuck with my team
分かってんだろ 俺らを舐めんな

you know you can’t fuck with my team fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ なあ 俺のチームを

you know you can’t fuck with my team
分かってんだろ 俺らを舐めんな

알아서 기던가 튀던가 붙던가 선택은 너가 해 Bitch
分かってて媚びたのか ずらかったのか 従ったのか 自分で選べ Bitch

상대는 상관없지 너넨 다 밀리지 우린 다 이기지 Bitch
相手は気にしないさ お前らは行き詰まる 俺たちはみんな勝つ Bitch

you know you can’t fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ

you know you can’t fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ

you know you can’t fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ

you know you can’t fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ

상대는 상관 없지 우리는 다 이기지
相手は気にしないさ 俺たちはみんな勝つ

you know you can’t fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ

you know you can’t fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ

 

[B-Free]

뻔하고 식상한 트랩 아니어도
ありふれた食傷気味なトラップじゃなくても

나는 또 죽이는 트랙 만들었지
俺はまた最高のトラックを作った

따끈한 신선한 shit 공연때 신나는 shit
温かい新鮮なshit ライブのとき楽しいshit

서울에서 부터 하와이까지 Korean Dream 명반이라지
ソウルからハワイまで『Korean Dream』は名盤だと言うだろう

정릉 이젠 내 새로운 아지트
靖陵は今や俺の新しいアジト

모두다 놀러와 사줄께 오리 고기
みんな遊びに来い 買ってやるよ鴨肉

난 등산을 하러 또 산을 가지
俺は登山をするために また山を登る

너네는 음악이 산을 가지
お前らは 音楽が山を登るだろう

가지가지 별에별 개 지랄을 해봤자 절대로 소용없지
あらゆる馬鹿な行動をしてみたところで 絶対に無駄さ

쌘척을 해봤자 나뭇가지 처럼 넌 뿌러지지
強いふりをしてみても 木の枝のようにお前は折れるだろう

남의 욕하곤 또 아니라지 랩병신 찌질이 산이 같이
他人を罵っても 違うと言うラップ馬鹿 地質が山のように
※木の枝のように折れるから地質が山のようだという意味。「山のように」は韓国語で「サニガチ」と発音するが、ここは「San E(サニ)のように」というダブルミーニングになっている。San EがIllionaireをディスしておきながら、ディスじゃないと否定したことを皮肉っている

방구석 랩퍼들 모두다 잘들어 이건 현실
引きこもりラッパーども みんなよく聞け これが現実だ

너네가 잘나가는것 같아도 모두다 하는말은 너네 병신
お前らはうまくいってるつもりでも みんなはお前らをクズって言ってる

연예인병 걸려서 초딩들 앞에서 깝치며 우월한 척
芸能人病にかかって ガキどもの前で威張って 優越感あふれる態度

하다간 처 맞을수 있으니까 날보면 너네는 튀어
あまりの図星に お前らは俺を見て飛び上がる

우리의 팀 이름은 h i l i t e
俺らのチーム 名前は h i l i t e

부산 광주 대구 서울 일본 어디를 가도 모두 respect 하지
釜山 光州 大邱 ソウル 日本 どこに行ってもみんなリスペクトする
※HI-LITEが2014年にサマーツアーで回った都市。回った順に言っている

우리는 win 너네는 weak 죽을때까지 we running the streets
俺らは勝つ お前らは弱い 死ぬときまで俺らは街を遊び回る

you know you can’t fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ

you know you can’t fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ

you know you can’t fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ

you know you can’t fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ

you know you can’t fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ

you know you can’t fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ

상대는 상관 없지 우리는 다 이기지
相手は気にしないさ 俺たちはみんな勝つ

you know you can’t fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ

you know you can’t fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ

 

[Reddy]

부산 광주 대구 서울 찍고 날아 도쿄
釜山 光州 大邱 ソウル 飛んで東京

우리 공연 끝나면 낼 모레까지 녹초
俺らのライブが終われば 明日 明後日までヘトヘト

에어컨을 켜도 내려가지 않는 온도
エアコンをつけても 下がらない温度

Show me the money 치트키 안써도 한국 대표
Show me the money イカサマしなくても韓国代表

(Hi lite) 이름은 들어봤었는지 모르겠네
(Hi lite) 名前は聞いたか分からないね

멍하니 있다간 보는내내
ぼんやりとしていて 見ている間ずっと

소름이 전신에 돋을텐데
鳥肌が全身に立つだろうに

우리는 억지로 쥐어짜지
俺らは無理やりにでも搾り取るさ

않아도 모두다 감동하지
そうでなくても みんな感動するだろう

강한척 만하던 애들이 카메라 앞에선
強いふりをするほど ガキどもはカメラの前で

질질짜 비겁하지
ずるずると卑怯になるだろう

(서울) 최고의 멋쟁이 shit
(ソウル) 最高におしゃれなshit

Converse Puma Vans on feet
Converse Puma Vans を履いて

Air 가 없어도 하늘높이
Airがなくても空は高い

남양주 살지만 내 등번호는 02
南揚州に住んでても 俺の背番号は02

가사는 안봐도 알아듣지
歌詞は見なくても分かるだろう

공연때 들어도 마찬가지
ライブで聞いても同じだろう

-Fuck you-

니 공연은 못알아먹겠어 뭐라는지
お前のライブは聞き取れない 何が何だかさっぱり

너도 모르겠지 그게 니손인지 니발인지
お前も分からないだろう それがお前の手なのか 足なのか

춤인지 수아인지 도대체 너혼자 뭐하는지
踊りなのか 手話なのか いったいお前1人で何をするのか

어디 불편하니?
どこが不自由なんだい?

난 일년째 이바닥에서 간지를 책임지는 돈키호테
俺は一年目 この辺りじゃ「カンジ」の責任を負うドンキホーテ
※「カンジ」は日本語の「感じ」に由来。かっこ良さを表す言葉

너가 아무리 발버둥 쳐봤자 내 주변에 절대로 오지못해
お前がいくら地団駄を踏んでも 俺の近くには絶対に来れない

 

[Okasian]

너네가입은옷다똑같아
お前らが着ている服は どれもまるっきり同じ

너네들ASAP농부같아
お前らはASAP農夫みたいだ

나의취미는농구같아
俺の趣味はバスケットボールみたいだ

Ballin on budget but 간지는갑
金欠でも豪遊する でも 「カンジ」は最高級
※「Ballin on budget」は、金欠状態なのに豪遊をすることを指すスラング。Ballinの元々の意味はバスケットボールをするという意味で、その前の「趣味はバスケットボール」というラインと掛けている

사진은무표정 찍곤웃는표정
写真は無表情 撮ったら笑顔

십중팔구 비웃음이지 내 가식이느껴져
十中八九はあざ笑ってて 俺の飾り気が感じられる

fuck your favorite 래퍼순위
クソくらえ お前の大好きなラッパーランキング

나는상관도안하지 잡지에
俺は相関図にもいないだろう

내이름이 나오든 말든
雑誌に俺の名前が出ようが出まいが

음악으로만 다말하지
音楽についてだけ みんなは話すだろう

man 유치한랩게임 집어쳐
幼稚なラップゲームは放り出せ

나는음악을 만들어 나르고 사람들 난리법석
俺は音楽を作って 届けて みんなは大騒ぎ

I do this only to uplift my people who I fuck with
俺を楽しませてくれる仲間を持ち上げるためにやるんだ

HILITE 너무밝아 눈멀어 하나씩
HILITE あまりに明るくて目がくらむ ひとつずつ

man 작전세우지 않아도 미션은 성공만하고
作戦は立てなくても ミッションは成功する

더높이하늘나라로 we float
より高い天国へ 俺らは浮かんでいく

 

[Keith Ape]

you know you can’t fuck with my team fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ なあ 俺のチームを

you know you can’t fuck with my team
分かってんだろ 俺らを舐めんな

you know you can’t fuck with my team fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ なあ 俺のチームを

you know you can’t fuck with my team
分かってんだろ 俺らを舐めんな

알아서 기던가 튀던가 붙던가 선택은 너가 해 Bitch
分かってて媚びたのか ずらかったのか 従ったのか 自分で選べ Bitch

상대는 상관없지 너넨 다 밀리지 우린 다 이기지 Bitch
相手は気にしないさ お前らは行き詰まる 俺たちはみんな勝つ Bitch

you know you can’t fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ

you know you can’t fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ

you know you can’t fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ

you know you can’t fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ

상대는 상관 없지 우리는 다 이기지
相手は気にしないさ 俺たちはみんな勝つ

you know you can’t fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ

you know you can’t fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ

 

[Huckleberry P]

내 곁에 있는 이 친구들을 봐
俺のそばにいる この仲間たちを見ろ

우린 무식할 정도로 한 우물을 파
俺たちは無知なほどに井戸を掘る

돈다발의 똥꼬를 빠는 비열한 새끼들
札束の肛門を舐める卑劣な野郎ども

엿먹어 감히 누가 누구를 까?
クソったれが あえて誰が誰を攻撃する?

우린 여기에 얼마 없는 진짜배기 label
俺たちはここに そうそうない本物のレーベル

차트에선 찾아볼 수 없는 내 이름
チャートでは見られない俺の名前

I don’t give up fuck 관심없어
俺の知ったことか 興味もない

분신에 500명 오는데 왜 신경써?
『焚身』に500人も来るのに なぜ気にする?
※『焚身』はHuckleberry Pが定期的に行っているソロライブ名

모두를 신경쓰게 하지 My team
みんな 気にするようにしてるんだろう 俺のチーム

숫자와 점 몇 개로 이뤄진 IP 들이
いくつかの数字と点で成り立ったIPが

아무리 딴지걸어도 관심밖이야
たとえどんなに突っ込んできても 関心の外さ

먹어라. 코로 뀌는 방귀
食らえ 鼻に食らわせてやる オナラ

좆까 니들의 개병신같은 핑계
ふざけんな お前らの犬キチガイ並みの言い訳

쪽팔려 우리와 니들을 동일선상에다 놔두기엔
恥を知れ 俺らとお前らを同じラインに並べるなんて

너흰 히트(HIT) 를 위해 거짓(LIE) 을 말하지
お前らはヒット(HIT)のために 嘘(LIE)を言う

우린 그 스펠링 재조합하지
俺らはそのスペルを組み換える

H I L I T E. Fuck radio, Fuck TV
H I L I T E. ラジオもテレビもクソくらえ

 

[Paloalto]

회사를 만들었지 그리고 4년이나 흘렀지
会社を作って そして4年が流れた

생각할수록 자랑스럽지 존나게 아름답지
考えれば考えるほど誇らしく めちゃくちゃ美しい

우린 다 자유롭지 그래서 존나게 말 안듣지
俺らは自由だから めちゃくちゃ話を聞かない

소속된 님들 다 버릇없지
所属している人間は みんな無作法だ

왜냐면 얘네 다 겁이없지
なぜなら こいつらはみんな物怖じしないから

you know can not fuck with my team
俺のチームを舐めんなよ

그만좀 해 거짓말 티 나
その話題には 嘘クサさが漂ってる

너네 래퍼니까 팬들이 보니까 죄다 센척이야? 지랄
お前らはラッパーだからって ファンが見れば強いふりか? バカな

그거 다 쇼니까 애들아 제발 좀 속지마
それは全部ショーだから 子供たちよ どうかあまり騙されるな

걔네랑 나를 좀 섞지마 절대로 엮지마 좆까는 소리마
あいつらと俺を混同するな 絶対に混合するな ふざけるな

왜 어설픈 흉내를 내 보는것만으로 쪽팔리네
なんで中途半端な真似をする 見てるだけで恥ずかしいね

사람들 앞에서 힙합이래 그게 힙합이면 난 아니네
人々の前でヒップホップだと言う それがヒップホップなら俺は違うね

모두가 뜰려고 발악이네 그래 인생은 한방이네
誰もが浮かび上がろうとあがいてる そうさ 人生は一発だね

돈땜에 모두가 쌈마이네 목말라 여기가 사막이네
カネのせいでみんなが三流だね 喉が渇く ここは砂漠だね

 


 

2014年9月にリリースされたシングル。『Show Me The Money』とSan Eへの批判が込められた曲で、特にB-FreeがSan Eをディスしたという部分が大きな話題になりました。そこから7か月後にSan EがB-Freeをディスし返すなど、この一連の問題は、2014年から2015年にかけて韓国ヒップホップシーンの主要トピックのうちのひとつでした。詳しいことは、筆者がホストを務めるネットラジオ『Little Hongdae Cafe』の第3回『San E & B-Free ディス』をお聴きください。

この曲がリリースされた時の記事に、歌詞について詳しい解説を書いています。そちらも合わせてお読みいただけると、より詳しくこの曲のテーマを理解することができると思います。

 


 

B-Free – My Team のご購入はこちらから

itunes

 

Related

/

Access Top

/

Subscribe us!

BLOOMINT MUSICの最新情報をお届けします。

友だちに追加